鎖骨骨折サコツコッセツ

鎖骨骨折はどんな病気?
鎖骨骨折などは、結構鎖骨を骨折する人などは男女含めていらっしゃっておりよく接骨院などの医療機関には治療を受けに来る人などが多くいらっしゃったりもしています。仕事や運動をしているときなどに鎖骨を痛める人などがとても多くいらっしゃっておりそこで骨折までいってしまう人などがとても沢山いらっしゃいます。ですので皆さんも骨折をすると大変ですので十分注意が必要です。


鎖骨骨折の症状
鎖骨骨折の症状は、大きく分けていくつかに分類することができます。まず最も重要なのは、痛みの感覚です。これを感じることによって、そこに異常が発生しているということを認識することができます。そのほかには、機能的なものがあげられます。鎖骨を骨折した場合は、骨折している側の腕を上にあげるのが困難になるケースが多いと言われています。

鎖骨骨折の原因
鎖骨骨折は主にスポーツをしている人に起こることが多く、主な原因は転倒です。手を地面に着いた時や、肩や肘から衝突して強い衝撃を受けることにより、鎖骨に負担がかり、その結果骨折します。また、スポーツ以外でも自転車やバイクでの転倒、自動車の交通事故等によって骨折する場合があります。高齢者の場合、室内での転倒による骨折が多いです。

鎖骨骨折の検査と診断
鎖骨骨折の検査方法はレントゲンでの検査になります。レントゲンでなくても、鎖骨の変化を見たり痛みなどの症状で検査をすることもあります。腫れや皮下出血などの症状と鎖骨のレントゲンの写真で鎖骨の骨折がわかります。基本的にはレントゲンの検査でわかるのですが、症状の検査をして鎖骨の骨折だとわかるものなのです。検査は意外と簡単に終わります。

鎖骨骨折の治療方法
鎖骨は小児、又は骨が脆くなってしまっている老人(特に女性など)が外部の衝撃により手や肘を打ち付けた際に鎖骨骨折を起こしてしまうことがあります。骨折の治療法は保存治療が基本であり、座った状態で胸を張った状態で固定して骨片を整復していきます。治療にかかる期間はそれぞれ個人差がありますが、年齢が低いほどに早く修復していきます。

鎖骨骨折の初診に適した診療科目

鎖骨骨折の専門外来

鎖骨骨折に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ