細菌サイキン

細菌はどんな病気?
細菌とは、病気などを引き起こす原因になる物質であり、体内に混入することによって、病気などを引き起こします。このため、消毒などを行うことによって、それらを除去し体内に混入しないようにする必要があります。また、目に見えにくいものであるために、体内に混入した場合には症状が出るまで判明しないことも多くあります。このため、あらかじめ予防などを行っておく必要があります。

細菌の症状
細菌が引き起こす症状には本当にさまざまなものがあげられます。これによる感染症をによって出現する現象をなのですが、引き起こす原因となるものの種類や、それが発生する場所によって、全く異なってくるといえます。例えば感染が高級機系の機関で発生した場合には、せきやたんなどが出てくる場合もありますし、皮膚であれば炎症などによって外見上判断できます。

細菌の原因
私たちは細菌と言えば、病気の元のように思いがちですが、病気の原因とはならないものも有るのです。それは我々の生活環境の中に広くかかわっていて、物質循環に重要な役割を果たしていると言えるでしょう。代表的なものの一つにバクテリアなどの分解菌類があります。また他にも抗生物質やワクチンの製造にも利用されているものもあります。有名なのは、ビフィズス菌や納豆菌も、仲間の一種です。

細菌の検査と診断
目的とする細菌がそんざいするか、またはその最近に感染しているかどうかを検査する方法は何種類か存在すると考えられます。まず第一に挙げられるのは、その患者さんの症状による推定です。特別な理由がない限り、この推定の段階で十分な場合もありますが、特定する必要がある場合は遺伝子検査などの検査方法を用いて、その遺伝子の存在によって特定します。

細菌の治療方法
細菌感染による炎症などを治療する方法としては、抗生物質の投与がまず考えられます。しかし菌にも抗生物質が全く効かない菌も存在しています。そのため抗生物質が駄目な場合の治療法としては、外科的手術で菌が炎症を起している部分を除去する方法が取られます。この2つを組み合わせれば、殆どの場合で菌による感染症の治療を行なうことができるはずです。

細菌の初診に適した診療科目

細菌に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ