慢性腎不全マンセイジンフゼン

慢性腎不全はどんな病気?
慢性腎不全とは、腎臓病が徐々に悪化していき腎機能が低下していきます。更に進行していくと末期腎不全に至って、そのままでは生命を維持できなくなり、腎臓の機能は人工透析か、腎臓移植に頼らなければならなくなります。新たな国民病の一つとされ、高血圧や糖尿病などの生活習慣病とも関連があり、20歳以上の成人の8人に一人の割合で患者さんがいます。

慢性腎不全の症状
慢性腎不全とは、腎臓の機能がかなり失われた状態で常にからだがだるく、尿が出づらい状態になるので体がむくんでくる症状が出てくるのです。このような状態になると人工透析を受け続けるか、腎臓移植を受けるかの2つの選択肢しかなくなってきます。一番いいのは腎臓移植なのですが近親者から腎臓提供が受けられないとドナー不足から日本では腎移植は無理です。

慢性腎不全の原因
原因としては、一般的に慢性糸球体腎炎や、ネフローゼ症候群、急性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、多発性嚢胞腎、腎硬化症、間質性腎炎といった腎臓に関するすべての病気が慢性腎不全へ移行する可能性が高いことが挙げられます。これらにより徐々に腎臓の機能が低下してしまいます。腎不全によって失われた腎機能を取り戻すことが出来なくなります。

慢性腎不全の検査と診断
慢性腎不全といい疾患については、いろいろな検査方法が考えられます。そもそも腎臓というのは尿を作り出して、体の中の老廃物を排せつするのがその役割ですので、一番単純な検査の方法として挙げられるのは、尿の量を測定することです。慢性的に腎臓の機能が劣っていれば、この尿を作り出す能力が落ちてきていますので、必然的に尿の量が減少してきます。

慢性腎不全の治療方法
慢性腎不全とは、腎臓の機能が20パーセント以下まで落ちてしまい、正常な機能ができない状態になっている腎臓の病気を指します。その治療法としては、腎臓移植が最も有効なのですが、日本では近親者から腎移植ができなければドナー不足のためほとんどすることができないのです。そのため腎臓の代替機能を果たすために週3回人工透析を受けることになります。

慢性腎不全の初診に適した診療科目

慢性腎不全の専門外来

慢性腎不全の専門医

慢性腎不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ