染色体異常センショクタイイジョウ

染色体異常はどんな病気?
染色体異常とは、本来46本ある染色体の数が一本多かったり、少なかったりすることで、また染色体の形そのものの形が通常と異なることで、成長してから体に障害が出たりすることです。有名な症状の一つはダウン症ですが、これは染色体が一本余計に存在することで、先天的に身体の免疫力・抵抗力が低くなったり、知能が低下してしまうという病気です。


染色体異常の症状
染色体異常は、先天的に染色体に何らかの異常が発生するために、染色体の数が多くなったり少なくなったりします。それゆえに人としての情報伝達に異常が発生して、知的障害や奇形というような症状が現れます。場合によっては心疾患もおこります。性染色体の異常の場合は、女性が男性らしくなったり、男性が女性らしくなったりといった、性別に異常が発生してしまいます。

染色体異常の原因
染色体異常とは、一体どのようなものを原因として起こるものなのでしょうか。実はこれは、自然の法則を考えると、異常な染色体分配が起こっても確率的にはむしろ自然であると言われています。むしろ、私たちが気づかないだけで、それは目につかないところで行われています。目につかないのは、それは正常な状態ではない姿で存在し続けることが困難で自然消滅するです。

染色体異常の検査と診断
染色体異常の検査方法とは、まず血液が採取されます。そしてその血液を専用の機械にいれて、染色体を観察しやすい状態にします。そして顕微鏡で染色体を調べるのです。この検査はは一般的には異常が疑われる子供に行われる事が多いです。血液を採取して調べる事が出来ますので体に大きな負担をかける事はないです。その検査で異常が見つかればはっきりとした病名が下されます。

染色体異常の治療方法
染色体異常の治療法についての事項です。ですが、これを治療する、という言い方はあまりしないというのが通常です。なぜなら、この異常というのは、先天性のもので、生まれついてくるものだからです。大抵の場合、こうした異常を持った生命は自らを維持できないので自ら消滅します。それでもこの異常を避けたい、という場合は、妊娠中なるべく早く発見したり、再発防止につとめる、ということが大事です。

染色体異常の初診に適した診療科目

染色体異常に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ