食欲不振ショクヨクフシン

食欲不振はどんな病気?
食欲不振とは、ストレス、夏バテといった様々な理由により、食欲が失われることです。食欲が失われるといっても、何も食べられなくなるわけではありません。しかし、物を食べるのが難しくなってしまいます。原因は、様々ですが、対処法は原因の除去しかありません。食欲がなくなったぐらいたいしたことないと考えずに病院に診察に行きましょう。


食欲不振の症状
食欲不振の症状は、普段よりも「あまり食べたくならない」などという気持ちが長期間にわたって出てくることにあります。更に、それは大きく身体的なものと精神的なものとに分けることができます。身体的なものについては、食事から栄養を必要十分に摂取できないことに起因する栄養不足や体重が減ってしまうことなどがあります。精神的なものについては、体重が増えることにマイナスな気持ちを感じてしまうことなどがあります。

食欲不振の原因
食欲不振の主な原因を主なもので大きく二つに分けると、内臓によるものと、精神的な問題によるものが挙げられます。また薬の副作用の症状として現れることもあります。若い女性だと、月経前症候群や便秘が要因となっていることもあります。また、結核や膠原病、胃潰瘍など、重大な病気の一症状である可能性も考えられます。また、ストレスによる胃腸の活動低下や、うつ病による場合もあります。

食欲不振の検査と診断
食欲不振の場合、検査が必要です。主な検査は、粘膜の凹凸を影で捉えて診断するX線検査と、内視鏡検査の2つの検査方法です。上部消化管の検査では、食道や胃、十二指腸潰瘍などを調べます。大腸のX線検査では大腸がん、ポリープなどが判明します。内視鏡検査では、直接粘膜綿を覗いて色調などを確認しますが、これも食道がんや食道潰瘍、胃がん、胃炎などを調べます。

食欲不振の治療方法
食欲不振の治療法は、ビタミンやビタミンB2、カルシウム、食物繊維、カロテンといった栄養成分をとるようにしましょう。神経失調を改善していくことにつながります。そして過度のストレスを解消するために、気持ちをリフレッシュできるようなことをしましょう。生活習慣と食生活を見直して、切り替えていくことで改善していくことができます。

食欲不振の初診に適した診療科目

食欲不振に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ