食道炎ショクドウエン

食道炎はどんな病気?
食道炎を引き起こす主な原因は、胃酸の逆流にあります。特に女性に多くみられるのは、この胃と食道の間にある弁の力が弱いことにあると言われています。胃酸は、胃の中の物を消化する力があるため、大変強い作用を持っています。よって、他の臓器に胃酸が逆流すると、炎症を起こしてしまうのです。これらの状況が重なり食道に症状が引き起こされてしまうのです。


食道炎の症状
食道炎の症状は、喉が焼けるように痛みます。これは、胃の中の酸が逆流することにより、おこります。ほとんどの食道の炎症は、このタイプです。普段のストレスなどにより、おこります。酸は、喉を痛めるので、喉を通過することにより、酸で喉が焼けるような痛みとただれさせます。なので、薬で、治療していく方法をとります。薬で吐き気止めを処方することにより、改善します。

食道炎の原因
食道炎の原因はいくつかあります。一つは激しい嘔吐の繰り返しです。食道は胃に比べると、そんなに強い膜で覆われていません。なので嘔吐により胃酸が逆流してくると食道の粘膜を消化してしまい、炎症が起こります。また熱いものを食べすぎてもなってしまう場合があります。熱いものが食道を通ると、粘膜がやけどをしてしまい、炎症が起こります。

食道炎の検査と診断
食道炎の検査方法はとてもシンプルです。それは、問診をすることによりわかります。問診内容として、最近、吐いたりする嘔吐はしていないか、ストレスにより、食道に胃酸が上がってきたりはしていないかを、確認します。また、風邪により、菌が入り込むこともあるので、そう言ったことから問診検査をして、確信を得ていきます。大抵は胃酸が原因です。

食道炎の治療方法
食道炎の治療では、内科的治療と外科的治療に治療法が分けられます。まずは炎症の原因物質を取り除くこと、そして原因疾患の治療が優先となるので内科的治療が第一選択となります。内科的治療ではプロトンポンプ阻害薬が使用され、プロトンポンプ阻害薬の効果が無い場合は、外科的治療が行われます。外科的治療は腹腔鏡下手術で行われています。

食道炎の初診に適した診療科目

食道炎の専門外来

食道炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ