低身長テイシンチョウ

低身長はどんな病気?
低身長とは、背が低すぎることによって、顔と体が一致しないために違和感などが発生することです。また、この症状が起きた場合には、強いコンプレックスを感じることが多くあります。このため、これらのコンプレックスなどをいかに精神力でカバーするかが重要です。このため、これらのコンプレックスから解放されるには深く考えて悩まないようにすることが重要です。


低身長の症状
低身長の症状としては、脳下垂体から分泌される成長ホルモンが不足して骨の成長に影響が出てきますので、成長速度が乳幼児期から遅くなっていきます。幼児期のころには平均身長を大きく下回ってしまいますので、発見される場合が多いです。そのまま放置しておくと平均身長からどんどん遠ざかってしまい、やがて完全に成長が止まってしまいます。

低身長の原因
低身長の原因として最も多いのは、両親からの遺伝や生まれつきによるもの、晩熟や未熟児で生まれたことによるものです。成長ホルモンや甲状腺ホルモンが不足していることなども考えられます。他には女性におこるターナー症候群は約2千人に1人と比較的発症率が高めです。軟骨形成不全症、プラダーウィリー症候群、栄養不足、いじめなどの極度のストレスなど精神的なものでも背が伸びなくなることがあります。

低身長の検査と診断
低身長の原因を探る検査方法としては、両親の身長・今までになった病気といった問診、成長曲線の描写、体全体の診察である。もう少し詳しく調べる必要がある時は、血液検査・尿検査を施したり、栄養に関する障害がないかを調べる。さらに、手の骨のレントゲンをとって実年齢と骨の年齢に差があるかを調べたり、成長ホルモン・性ホルモン・甲状腺ホルモンなどホルモンに関連した検査をすることも考えられる。

低身長の治療方法
低身長の治療法は、成長ホルモン療法で対応できるケースが多いです。ただし成長期であったり、成長期の前などから使用しないと効果は薄い傾向にあります。また長く使用した方が確率的には効果が高く、数ヶ月よりも、年単位で使用した方が統計的には良い結果が出ています。ただし利用し続けていると、徐々に効果が薄くなっていくとされています。

低身長の初診に適した診療科目

低身長に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ