陥入爪カンニュウソウ

陥入爪はどんな病気?
陥入爪とは皮膚に爪(主に足の親指)が食い込む痛みを伴った症状の事であり、激しい痛みを伴う時は化膿してしまう時があります。症状が悪化している時は外科手術が必要で、指の根元をゴムで縛って爪近くに麻酔注射を打って手術を行います。抜歯が必要となりますので手術後も数回の通院を行うのが一般的です。深爪にならないように爪を長めに切りそろえておく事が予防法となります。


陥入爪の症状
陥入爪というのは巻き爪が悪化したもので、その巻いている部分を切ると爪が棘状に残ったり、伸びるに従い皮膚にくいこんで痛みを発したりする症状のことです。そのまま放置したりすると出血をしたり化膿してひどくなるケースがあります。化膿したままだとかなり痛みが酷いので病院へ行く必要があります。治療を得意とする病院もあるので、そちらに行くと良いです。

陥入爪の原因
陥入爪は、合わない靴を無理に履き続けていたり、深爪や巻き爪が悪化した事が原因で、足の指の両側の皮膚の中に爪が食い込んでしまい、痛みを生じるようになります。特に深爪は爪が陥入してしまいやすいので、爪の切り方にも十分に注意し、足の指の爪が皮膚に入り込まないように気を付けなければなりません。ひどくなりますと歩くだけでも痛みを生じるようになりますので、早く治療するべきです。

陥入爪の検査と診断
陥入爪かもしくはただの巻き爪なのかという検査方法は一般的には目視で行われますが、CTで手元、もしくは足元だけをスキャンして検査が行われる場合もあります。このときに爪がドーム型をしているのかしていないのか爪があたっている皮膚の部分を傷つけているのかいないのかといったことなどが見られます。値段もお安いので気軽に医者に検査を依頼できます。

陥入爪の治療方法
陥入爪の治療法にはいくつかの種類があります。爪下にガーゼなどを挿入して爪を浮き上がらせる保存的治療、ガター法やフェノール法、手術による爪・爪母(爪を作る組織)の切除などが挙げられます。フェール法とは腐食性の液体であるフェノールを使用し、爪母を破壊する療法です。1回の外来で治療が終了し、費用や時間の負担が少ないのが特徴です。

陥入爪の初診に適した診療科目

陥入爪の専門外来

陥入爪に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ