陥入爪カンニュウソウ

陥入爪はどんな病気?
陥入爪とは皮膚に爪(主に足の親指)が食い込み痛みを伴った症状の事であり、 激しい痛みを伴う時は化膿している場合があります。多くは爪の切り過ぎなど による深爪が原因でなりますが、爪の変形が原因のこともありこの場合は手術や爪の形を矯正する治療が必要になることもあります。深爪にならないように爪を長めに切りそろえておく事が予防法となります。


陥入爪の症状
陥入爪というのは巻き爪が悪化したもので、その巻いている部分を切ると爪が 棘状に残ったり、伸びるに従い皮膚にくいこんで痛みを発したりする症状のことです。そのまま放置したりすると出血をしたり化膿してひどくなるケースがあります。化膿したままだとかなり痛みが強く出るので治療が必要になりま す。

陥入爪の原因
陥入爪は、合わない靴を無理に履き続けていたり、深爪や巻き爪が悪化した事が原因で、足の指の両側の皮膚の中に爪が食い込んでしまい、痛みを生じるようになります。特に深爪は爪が陥入してしまいやすいので、爪の切り方にも十分に注意し、足の指の爪が皮膚に入り込まないように気を付けなければなりません。ひどくなりますと歩くだけでも痛みを生じるようになります。みずむしが原因で爪が変形し陥入爪になることもありこの場合は爪みずむしの治療が必要になります。

陥入爪の検査と診断
陥入爪かもしくはただの巻き爪なのかという検査方法は一般的には目視で行われます。

陥入爪の治療方法
陥入爪の治療法にはいくつかの種類があります。爪の変形が強い場合はワイヤー法、VHO法などで爪の変形を矯正する必要があります。爪の変形がない場合はテーピング法で治療します。爪みずむしが原因の場合は爪みずむしの治療 (抗真菌薬の外用または内服)をします。前述の治療で改善が見られない場合はガター法やフェノール法など手術による治療が必要になってきます。ただ最近は再発の可能性や爪の見た目の変化(細くなる)などから手術による治療は以前より選択されなくなってきています。

この病名の監修医師

平和台皮フ科
種田 研一(タネダ ケンイチ)院長


〒179-0083
東京都練馬区平和台4-21-10 クリエシェンテ練馬平和台 2階
TEL:03-6909-7041

平和台皮フ科公式ホームページ
WEB診療予約

陥入爪の初診に適した診療科目

陥入爪の専門外来


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ