不整脈(小児)フセイミャクショウニ

心臓は電気的な刺激で規則的に動き、血液を全身に送っています。この刺激の伝わる経路のどこかに異常があるのが不整脈といいます。 小児科の日常診療でよくみるのは、期外収縮、脚ブロック、房室ブロック、QT延長、ウォルフ・パーキンソン・ホワイト(WPW)症候群などです。まれに脈の速くなる頻脈発作にもでくわします。小児における不整脈の原因としては、刺激伝導系といわれる心臓の電気的興奮を伝える細胞の未成熟さや、心筋炎、心筋症、心臓腫瘍、川崎病後遺症による影響、手術による侵襲、器質的心疾患の存在、薬剤性、電解質異常などがあげられます。 小児は症状を訴えないことが多いといわれます。しかし、頻脈発作では、乳幼児でも、嘔吐や哺乳不良、顔色不良、何となく元気がない、不機嫌などといった症状を認めることがありますし、年長児になると、脈が速いとか脈が乱れるといったいわゆる動悸を訴えたり、あるいは胸が痛いとか立ちくらみといった自覚症状を訴えます。頻脈の状態が長く続くと、心不全の症状がでてきます。心不全の症状は、チアノーゼやむくみ、意識障害、呼吸困難や発汗、顔面蒼白などです。

不整脈(小児)の初診に適した診療科目

不整脈(小児)の専門外来

不整脈(小児)の専門医

不整脈(小児)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ