パーソナリティ障害パーソナリティショウガイ

パーソナリティ障害はどんな病気?
一時期は人格障害の一種とまで言われていましたが、パーソナリティ障害とは精神症の分類にあり、異常で病的なアイデンティティが抑え切れず、社会的コミュニケーションを本能的に排除しようする症状のこと。そのため環境によっては、発症してから外部との接触を自ら遮断してしまい、コミュニケーション不全のまま症状は長期に渡るケースが多く、慢性的なものが多いのです。


パーソナリティ障害の症状
パーソナリティ障害の症状は、一般人に比べて極端な考えを持ったり、行為を行ったりしてしまうため、スムーズな日常性がつが行えなくなってしまう精神疾患を抱えた状態です。本人が苦しむこともありますが、むしろ周囲の人が苦しむことが多いです。障害は3つに分類されていて、奇妙で風変りに見えてしまうA群、演技的・感情的・不安定に見えてしまうB群、不安や自身のなさが目立つC群に分類されます。

パーソナリティ障害の原因
境界性パーソナリティ障害は、感情のコントロールなどができないことです。その結果、対人恐怖症に陥ったり、自殺しようしたりなどするようになります。原因としては、家庭内にある場合が多いといわれています。思春期時代に友達関係がうまくいかなかったり、親子関係がうまくいかなかったりすることで、発症する症状と言われています。しかし、あいまいなところが多く断定するのは難しいです。

パーソナリティ障害の検査と診断
パーソナリティ障害かどうかを確認するためには、どうすればいいのでしょうか。最も有名なものは米国精神医学会が提示している「DSM」やWHOが提示している「ICD」に照らし合わせてみるというものです。これは「一般的にこの精神障害はこのような症状がでる」ということをまとめたものですが、国民性の違いも考慮して、日本では独自に検査基準・検査方法を追加している場合もあります

パーソナリティ障害の治療方法
パーソナリティ障害とは、一般的な人に比べて極端な考え方や振る舞いをしてしまうことで社会に適応できなくなる障害のことをいいます。この障害の治療法としては、メンタルヘルスを養うために対話による精神療法を主に行っていきます。一部では薬物療法も取り入れていますが、多くの神経内科などでは多くの人と対話をしていくことに力を入れいます。

パーソナリティ障害の初診に適した診療科目

パーソナリティ障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ