テニス肘テニスヒジ

テニス肘はどんな病気?
テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、物を掴んで持ち上げたり、タオルを搾るなどの動作をすると、肘の外側から手首にかけて痛みます。保存療法として、手首や指のストレッチを行ったり、問題となる動きのあるスポーツや作業を控えて、湿布や外用薬を使用します。専用バンドの装着、局所麻酔薬やステロイドの注射などで治らなければ、手術療法を行います。


テニス肘の症状
テニス肘は、手首を使った動作をしたり、物を掴んで持ち上げる時に肘の外側から前腕にかけて痛みを伴う症状です。この病気は、中年層の方になる方が多く、特に手首に力を入れた状態で動かすと痛みが誘発されます。また、ひどくなりますと、圧痛があったり肘の曲げ伸ばしが困難になります。なお、この病気はテニス愛好者だけでなくパソコンでの事務作業をしている方も多いです。

テニス肘の原因
テニス肘の原因は、同じ動作を繰り返すことにより負荷が蓄積することで患部にダメージを受けます。繰り返しボールをラケットで打つような動作をしていると、肘外側の軟骨や靭帯を痛めます。靭帯や筋肉が衰え、柔軟性がなくなってくる加齢も要因になります。テニスをやらなくても、パソコンなどを日常的に使用しているなど、手首に負荷をかけていると発症しやすくなります。

テニス肘の検査と診断
患者がうったえる肘の痛みやその他の症状をもとにそれをテニス肘に由来するものだと医師が診断するためには、実際に肘を医師の前で動かし、特定の場合に肘に痛みを感じるということが認められることが検査方法です。肘の外側の部分あるいは内側の部分を押すと痛みを感じる、手首を曲げると痛みを感じるなどを医師に見せるという簡単な検査の方法となっています。

テニス肘の治療方法
テニス肘は一部位の使いすぎによる疲労の蓄積です。治療法としては負担を与えていた部位を休ませることが大切です。人には自然治癒力という能力があるため、安静に保つだけでも患部は徐々に回復していきます。アイシングをしたり薬物療法を行うことは、この自然治癒力を活性化させたり、痛みが激しい場合に一時的に痛みを緩和させるサポートでしかありません。

テニス肘の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

テニス肘に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ