コミュニケーション障害コミュニケーションショウガイ

コミュニケーション障害はどんな病気?
コミュニケーション障害とは身体的、精神的に不利を強いるような欠点がある人が、対人関係を必要とする場面で十分なコミュニケーションをとることができなくなる障害を指します。主に幼児期、小児期、青年期など若いうちに発症しやすい病気です。視覚障害や聴覚障害など身体的な障害によるものも含まれますが、精神的な意味で使われるほうが多いです。失語症などの言語障害、音韻障害、どもり症などに現れることが多いです。


コミュニケーション障害の症状
コミュニケーション障害の症状とは、対人関係に置ける重要な会話・視線を合わせて話をする・社会と関わろうという姿勢が見られないといった状態が挙げられます。ひとりで殻に閉じ篭りがちになり、重度の場合引きこもりになり家族との対話すらおぼつかない状態になったりします。コミュニケーションに障害のある場合、社会生活が困難な場合が多いです。

コミュニケーション障害の原因
コミュニケーション障害の原因についてあげていきます。まず一つ目は、声がどもったり、吃音です。話したいことを、話せないというのは、ストレスがかかってきます。他には、男性恐怖症、女性恐怖症などです。そもそも恐れていたならば、まともに話すことさえできません。ただ単純に、人と話すことが苦手という場合もあります。ほとんどの場合が、精神的な問題です。

コミュニケーション障害の検査と診断
コミュニケーション障害の診断、検査方法は、患者の言語活動や症状を総合的に把握し健常者のデータと比較することで行われます。この障害の診断要素例を挙げると、会話中に言葉を適切な発達段階に応じて音声で話せるか、会話の音声産出の困難が学業、職業的に成績を低下させる原因になっていないか、正常な会話の流暢さが確保されてるか、などがあります。

コミュニケーション障害の治療方法
コミュニケーション障害を治す、つまり、人との会話、自分からの発話等をスムーズに行うための方法としては、投薬による治療法と、そうでないものがあります。前者は、アラキドン酸と呼ばれる、神経細胞を刺激する成分を含む薬品を服用することによる方法です。後者は、言語能力が他者よりも劣ることに起因している可能性から、言語能力を鍛える方法です。読書や計算問題の繰り返しなどが考えられます。

コミュニケーション障害の初診に適した診療科目

コミュニケーション障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ