陥没乳頭カンボツニュウトウ

陥没乳頭はどんな病気?
陥没乳頭とは、乳首が乳房の内側に埋れてしまい乳首が見えない状態のことをいいます。
この症状自体は病気ではありませんが、美容・整容上もその形態が問題となります。 乳頭は陥没していると、その部分に汚れが溜まりやすく、乳腺炎などの病気を引き起こしたり、赤ちゃんに母乳を飲ませづらい授乳障害へとつながる可能性があります。
治療法は、まず個人で乳頭マッサージや吸引器で治していく方法があります。
それでも治らない重度の場合は、医療機関で手術して治す事も出来ます。


陥没乳頭の症状
陥没乳頭の症状には、軽いものから重いものまで程度がさまざまあります。共通して言えるものは、乳頭が陥没してしまっている状態です。
これが軽い刺激を与えることで元に戻る軽度のものから、常に陥没した状態にある重度のものまであるのです。これを仮性と真性といいます。
男女問わずあらわれるもので、10人に一人程度の割合で悩む人がいます。

陥没乳頭の原因
陥没乳頭は女性でも男性でもなる症状なので、その原因に性別差はありません。考えられるものはさまざまですが、ひとつには、乳頭を支える組織が未発達であるという先天的なものが考えられます。
あるいは、ガンや乳腺の炎症、整形に伴う乳房の手術による後天的なこともあります。
いずれにしても、だれにでもなる可能性があるということがわかります。

陥没乳頭の検査と診断
陥没乳頭は女性にとっては座りが悪く、あまり心地よいものではありません。状態を見る検査方法として、刺激を与えれば一時的に乳首が出る軽度の「仮性」と、刺激を与えても全く反応がない重度の「真性」のものがあります。
重度の場合には、これが乳腺炎を引き起こす事もあると言われていますので、授乳前の女性であったりする人などは病院で相談してみるといいかもしれません。

陥没乳頭の治療方法
陥没乳頭の治療法は保存治療や外科手術があり、保存治療としては特殊なピアスによる牽引や母乳搾乳器による吸引、更にはこれを簡易化したピペトップを使い、乳頭のみを吸引・保持する提灯型の器具が考案され、一定の効果があると期待出来ます。
しかし、中等度から重度の陥没は手術をすることなります。乳管を切断しない方法もありますので、手術後の授乳も安心です。現在、授乳障害がある場合のみ、保健適応は認められています。

陥没乳頭の初診に適した診療科目

陥没乳頭の専門外来

陥没乳頭に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ