真珠腫性中耳炎シンジュシュセイチュウジエン

真珠腫性中耳炎はどんな病気?
鼓膜の奥に白色の塊があり、それが真珠のように見えることから命じられた病気で、通常は平らな鼓膜が奥に入り込んでいく症状です。中耳の炎症がもととなることが大半です。真珠腫性中耳炎は、つよいめまいや耳鳴りなどの自覚症状があり、放置すれば髄膜炎などにも発展する病です。外科的治療をほどこさないままに放置すれば、内服薬などで一時的に快癒しても再発の恐れが高いことから、早めの受診と手術が必要になります。


真珠腫性中耳炎の症状
真珠腫性中耳炎とは、中耳炎を繰り返すことで上皮組織が球状に増殖して耳の周りの骨を破壊する病気です。上皮組織が増殖していく際に、音を伝える耳小骨を破壊して聴覚障害を起こしたり、三半規管を破壊してめまいを起こすといった症状が見られます。また、上皮組織によって顔がゆがんでしまう顔面神経麻痺を起こします。さらに、脳の方向へ進むと髄膜炎を起こす可能性もあります。

真珠腫性中耳炎の原因
真珠腫性中耳炎は中耳炎を繰り返し患うことで一部の上皮組織が真珠のように球状に増殖し、周辺の骨を破壊していってしまうことが原因の病気です。この真珠腫には先天性のものと後天性のものの二種類に分けられます。先天性の真珠腫は表皮芽が鼓室内に入り込んで増殖したもので、後天性の真珠腫は鼓室内の減圧状態が続いたことで鼓膜の上皮が鼓室内に侵入しできあがるものです。

真珠腫性中耳炎の検査と診断
真珠腫性中耳炎の検査においては鼓膜をしっかりと観察することが重要です。手術用顕微鏡や拡大耳鏡、内視鏡などを用いてよく観察し、真珠腫の侵入部位、鼓膜の癒着、耳小骨の状態を調べます。この病気の検査方法ど有効なのは、側頭骨ターゲットCTです。真珠腫の侵攻範囲、骨破壊、耳小骨の破壊の有無を診断します。また、聴力検査が行われることがあります。

真珠腫性中耳炎の治療方法
真珠腫性中耳炎の治療法には保存的治療と外科的治療があります。保存的治療は真珠腫の部分を掃除し、抗生剤の内服や点耳で一時的に症状を改善させます。外科的治療は真珠腫の完全除去と伝音連鎖の再建と鼓膜の再形成を行います。これは熟練した高度な技術が必要となります。また症状が重度の場合は、この手術が2回にわけて行われることがあります。

真珠腫性中耳炎の初診に適した診療科目

真珠腫性中耳炎の専門外来

真珠腫性中耳炎の専門医

真珠腫性中耳炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ