血尿ケツニョウ

血尿はどんな病気?
人間の尿は、血液中の血液の成分が肝臓や腎臓でこしとられて、水分として体外に排出します。尿を排出する過程において、何らかの原因で血が混ざった尿を血尿と言います。起因している病気は、尿管からの出血や腎臓や肝臓に炎症などの何らかの障害が起きて、血液が何らかの症状によって混ざっている事です。すぐに泌尿器科などにかかる必要があります。

血尿の症状
血尿の症状は、初めのみ出る場合と最後に出る場合、最初から最後まで出る場合の3つに分けられます。そして、どの時点から出たかにより、どこらへんに病気があるかを判断することができます。初めのみの場合は尿道炎、最初から最後まで出る場合は腎臓や尿管の病気など、最後だけの場合は膀胱炎が考えられます。また、痛みがある場合とない場合があり、痛みがない場合は、ガンなどの怖い病気の場合もあります

血尿の原因
血尿の原因にはさまざまなものがあげられます。一つには膀胱や腎臓を蹴られる、何か大きな衝撃が加わるなどの要因で、一時的に尿に血が混じる場合があります。実際プロレスラーなどが試合後に尿に血液がでた場合があります。二つ目には、尿管、膀胱、尿道から何かしらの出血がおこっている場合があります。女性の場合は生理中や生理終了直後に尿に血液が混じる場合があります。

血尿の検査と診断
血尿が出ているかどうかの検査方法は、尿検査で簡単に調べることができるのです。わずか15CCほどの尿があれば血液が出ているか判断する試験紙を尿につけることで簡単に判定することができるのです。ほぼ100パーセント近い確率で地が尿に混入しているかどうか判定できますので、尿検査がある定期健診を必ず受診するようにしていきましょう。

血尿の治療方法
血尿の治療法は自然治癒と点滴が一般的です。自然治癒は数日立てば通常の透明・黄色の尿に戻りますが、長期にわたって血が混じる場合は泌尿器科・内科等で診察してもらって治療を行います。尿路結石で血が出る場合は大量の点滴を打って、石の排出を促す治療を行います。再発防止のためには、結石が出来ない栄養を考えた食事を食べる必要があります。

血尿の初診に適した診療科目

血尿の専門外来

血尿に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ