腫瘍マーカーシュヨウマーカー

腫瘍マーカーはどんな病気?
腫瘍マーカーとは、体内に腫瘍ができた時に血液中に大量に作られるもので、腫瘍というのは良性悪性問わず、癌のことになります。血液検査で、この数値が高い場合は癌を疑いますが、確定診断となるわけではなく、高くても癌でないことや、低くても癌であることもあり、自覚症状、レントゲン、CT、MRI、エコー検査など色々な検査をしていく上での補助的な検査の一つとなります。


腫瘍マーカーの症状
腫瘍マーカーの症状は、がん細胞が体内に存在することによって特殊な物質が体内現れるというものです。普段ならば現れないであろう特殊な物質が、がん細胞が発生すると同時に体内に出現するため、こうした仕組み肝臓の病気として現れるアルファフェトプロテインが増えたり、または乳がんなどんじょときに現れるBCA225など、傾向はそれぞれのガンによって異なります。

腫瘍マーカーの原因
腫瘍マーカーというのは、癌の時に血液検査をした結果、がんの時に作られるたんぱく質を計測したものです。このたんぱく質が出来る原因としては、心臓のASTの場合、心臓を構成する心筋細胞が壊れたものなので、血液中にこのASTが検出された場合は、心筋が壊れているということがわかります。各臓器ごとに分かれているため、血液検査でわかるのです。

腫瘍マーカーの検査と診断
腫瘍マーカーは体内の腫瘍の状態を調べるのに多く用いられるマーカーです。この検査方法としては、血液検査を行なうことで簡単に診断することができるのです。腫瘍を示すマーカーは腫瘍の種類によって異なっているのでマーカーを調べることでどのような腫瘍が体内にできているのか簡単に診断することができるのです。またマーカーの値で腫瘍の大きさもある程度判別できます。

腫瘍マーカーの治療方法
腫瘍マーカーとは生体因子のことですが、治療法というと、癌に関する治療のことを指す場合はあります。治療としては手術、抗がん剤、放射線療法などがありますが、かかりつけの医師が判断することが多く、状況によって対処方法はまったく異なることもあります。副作用が出る可能性のある治療を行うケースも多いですが、それでも治療を選択した方が良い傾向にあります。

腫瘍マーカーの初診に適した診療科目

腫瘍マーカーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ