過呼吸カコキュウ

過呼吸はどんな病気?
過呼吸は、体内の二酸化炭素が不足することにより発症する病気です。不安神経症やパニック障害の代表的た症状です。発作が起きた方には紙袋を使ったペーパーバックを口にあてて呼吸してもらうペーパーバック法が主流でしたが、現在ではこの方法は良くないとされています。窒息する可能性がある事、本人がより不安やパニックを起こしてしまうこと、などが挙げられます。リラックスしてもらう事が最善の方法です。


過呼吸の症状
過呼吸の症状は主に息が苦しくなり呼吸が早くなる、深く息を吸うと胸を圧迫されているように感じるなどの呼吸困難から、目眩、ふらつき、頭がボーっとする、耳鳴り、動悸 、手足や唇の痺れが現れることもあります。さらに、死んでしまうのでは、と恐怖を感じてパニックを起こしてますます悪化します。 酷くなると意識が遠のき失神してしまう例もあります。

過呼吸の原因
過呼吸になる理由にはふたつあり、それは精神的なストレスやパニック障害によるものと、運動後の呼吸が乱れたときに起こるものです。要因はそれぞれとしても、メカニズムはほとんど同じです。呼吸が浅く速くなり、空気を体内に取り込み溜めすぎて、血中の二酸化炭素の濃度が濃くなり、脳に酸素がいかなくなってしまいます。それにより、呼吸が荒くなることが原因と言われています。

過呼吸の検査と診断
過呼吸の検査方法はいくつかあります。まず、発作時に動脈血を採血し、アルカローシス、二酸化炭素分圧の低下、動脈血酸素分圧の上昇をみるもので、これらの症状が見られた場合疾患が疑われます。また、過換気状態にさせて症状がでるかどうかのテストをする場合もあります。さらに、心電図検査によって虚血性の変化のようなものが記録されると疾患が疑われます。

過呼吸の治療方法
過呼吸の治療法としては、患者が身体に取り込む酸素を減らせば良いわけです。つまり吸い込む酸素の濃度を減少させることで実現できます。紙袋やビニール袋を口に当て、一度紙袋やビニール袋に吐いた空気をまた吸い込むという動作を繰り返し行うことで、酸素濃度が下がった空気を取り込めます。そうなれば数分で回復します。酸欠になる可能性もあるので、時々深呼吸する必要があります。治療は単純ですが一番効果的です。

過呼吸の初診に適した診療科目

過呼吸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ