黄疸オウダン

黄疸はどんな病気?
黄疸とは血液中のビリルビンという色素が増加して皮膚や眼球、粘膜そして、体液が黄色に染まる状態をいいます。通常は肝炎や肝硬変などの肝臓に病気がある場合や胆汁の排せつ経路である胆管系に異常がある場合に現われます。新生児においては生理的に出現する場合があるが、こちらの方は新生児の生理学的特徴からして、出現しても正常な状態です。


黄疸の症状
黄疸の症状は、肝臓に疾患がある時に目の白目部分が黄色くなったり、肌の色が黄ばむだけでなく汗の色までも黄色になります。また、ひどくなりますと倦怠感による疲れや身体中の激しい痒みをともなうようになりますので、注意しなくてはなりません。もし、このような病状が現れた場合は、早めに病院に行くべきです。この病気はお酒の飲み過ぎによりなる場合があります。

黄疸の原因
胎児は赤血球が多く、多血症の傾向にあります。生まれると赤血球はどんどんこわされますが、それを処理する肝臓の機能が未熟です。そのため、赤血球がこわされるとできる黄色のビリルビンが血中に多くなるため、これが原因で肌が黄色くなるため、黄疸はほとんどの新生児に起こります。ほとんどの場合、自然と消えていくので、治療は必要ありませんが、ビリルビン値がさらに上昇していくかどうか、毎日測定して様子をみます。

黄疸の検査と診断
黄疸とは、胆のうから出る胆汁を肝臓で処理できなくなってしまい胆汁の色が上半身などに出てしまう症状のことをいいます。この症状の検査方法としては、血中のビリルビン濃度を測ることで測定することができます。ビリルビンは、胆汁に含まれる物質でこれが黄色の色素を持っており、この血中量が多ければ必然的に皮膚が黄色になる症状が出やすくなるのです。

黄疸の治療方法
黄疸をきたす原因は一般的に知られている肝臓機能に関する様々な疾患のほかに、膵臓疾患、母体との血液型の問題による新生児が出生した際にも起こることが知られています。そのもの自体で一般的に重篤な症状と思われがちですがそれはあくまでも単なる症状の一つにすぎないことから、その原因に対する根本的な治療法が施されると、徐々に改善していきます。

黄疸の初診に適した診療科目

黄疸の専門外来

黄疸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ