不安神経症フアンシンケイショウ

不安神経症はどんな病気?
はっきりとした原因がないにもかかわらず、常に不安な気持ちを感じ続けてしまうのが不安神経症と呼ばれる病気です。この病気の場合、心理的な出来事が原因であるとされていますが、その他にもストレスや過労、体調の不良などによっても引き起こされることがあります。この病気の場合、精神科や心療内科での治療がメインとなり、長期的な視野での完治するまで根気良く治療を受けていくことになります。


不安神経症の症状
不安神経症という病気の症状には精神的なものと、体にあらわれるものとの二つがあります。精神的なものには、意味も無く不安になる、何かに過剰に反応してしまう、緊張しすぎて思考が混乱しパニックに陥る、などがあります。身体にあらわれるものとしては、動悸がして、呼吸がみだれる、息切れ、めまいがする、おなかがゆるくなる、夜ねむれないなどがあります。

不安神経症の原因
不安神経症の原因は、生理的なものによる場合と心の中にある葛藤、つまり、抑圧体験による場合があります。生理的なものによる場合には、欲求不満による緊張が持続することが一般的です。そのため、性的緊張が存続すると不安を感じてしまいます。葛藤や抑圧体験による場合には、自分ではどうにもできない衝動がうごめいています。それを抑圧してしまうので、内に秘めたことに対して、不安を抱きます。

不安神経症の検査と診断
不安神経症であるかの検査方法は、まず身体的に特異な異常がないかを検査し、身体的疾患である可能性を除外することから始まります。この病気にかかっている患者は、筋肉の緊張、首と肩のこり、頭痛、頭の重み、末端の震え、頻尿、下痢、眩暈、動機、息苦しさ、疲れやすい、不眠症、などの身体的疾患を多く訴えるので、それらの可能性が排除されることで、精神症状の診断によって判断されることができます。

不安神経症の治療方法
不安神経症の治療法は薬物療法と精神療法に大別されます。抗不安薬の服用と、症状の原因となっている不安要素やストレスを医師に相談し、適切なアドバイスを受けながら心のケアを行ないます。抗不安薬の中には、依存性の高いものがありますので、注意が必要です。特に、アルコールとの併用は気をつけましょう。深呼吸や有酸素運動などは、自分ひとりでできる有効な治療です。

不安神経症の初診に適した診療科目

不安神経症の専門外来

不安神経症の専門医

不安神経症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ