リウマチ

リウマチはどんな病気?
リウマチとは総称の事で、主に痛みやこわばりを来す疾病です。間接や骨や筋肉が痛んだり、手足がこわばって思うように動けないなど、人によって症状にバラつきがあり差があります。発症するのは女性に多く、30~40代がピークです。また、60歳からの高年齢の発症や、15歳未満のから発症する例もあり、若くても老いてもかかるリスクがあります。


リウマチの症状
リウマチとは、免疫の異常によって起こる炎症疾患で、手がこわばって動かない、関節が腫れて痛い、などの症状が見られる病気です。女性がなる病気と思われがちですが、患者の約二割は男性です。また、現在日本には七十万人以上の患者がいると言われています。一昔前までは、なかなか打つ手がない病気とされてきましたが、近年では医療も発達し、治療の幅も広がってきました。

リウマチの原因
リウマチの原因は間接の裏打ちとされている滑膜組織が何らかの影響で炎症を起こすことで発症してしまうことがあります。外部から間接への負担を与えることで滑膜組織の内部へと免疫細胞が進入させてしまい滑膜炎を引き起こします。間接内部で炎症が起きると白血球が集積してしまうので活性酵素や痛覚を刺激して特有の激痛を発生させていくことになります。

リウマチの検査と診断
リウマチの原因は症状により様々にあるために検査方法にも選別が必要になります。病院で主に行われている方法としては、血液検査や尿検査、X線を通しての外観検査や間接液検査などがとられる場合があります。どれも治療方針を確定するために行われているので一度の検診で終わるということはなく、定期的な検診をしていくことが必要になります。

リウマチの治療方法
リウマチは自己免疫疾患で自分の免疫で骨細胞を破壊してしまう病気なのです。そのため治療法としては自己免疫を抑制する薬を投与することでかなりの方に症状が軽くなるなどの効果が出ているのです。日本でも3つの薬が出ていますが、保険適応といえども高額医療費申請が必要なぐらい高価なものなので治療を受けるにあたっては医師に相談してみることが必要です。

リウマチの初診に適した診療科目

リウマチの専門外来

リウマチに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ