体脂肪率タイシボウリツ

体脂肪率はどんな病気?
体脂肪率が一定の割合より上がると、肥満症と診断されます。肥満症を引き起こす原因として、一般的に言われているのは食べ過ぎによる要因です。また、油の多い食事や偏った食事ばかりでも引き起こす事です。中年の肥満症は、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病につながります。治療法は体重に常に気を配って、食べ物の減量や適度な運動をする事です。


体脂肪率の症状
体脂肪率とは人の体に存在する脂肪を数値化したものです。この数値が高すぎると人は肥満になります。肥満が引き起こす症状も様々なものがあります。体が重くなると足にも負担がかかりますし、体が直ぐに疲れやすくもなります。そして肥満が原因となる病気もあります。睡眠時に無呼吸になったり、高血圧の原因にもなります。人が太るのはカロリーを摂取しすぎる為に太ります。

体脂肪率の原因
体脂肪率の上昇の原因として、人間の普段の食事の量をはるかに超える時期が続いた場合に起こりやすいです。海外の食品が輸入するようになって、国内の料理よりはるかに熱量が高い料理が並ぶようになって、肥満症に陥りやすい人が増加した事です。そのほかの要因としては、新陳代謝の低下であります。いずれにしても、適度な運動は欠かせない事です。

体脂肪率の検査と診断
今では自宅の体重計で体脂肪率を知ることが出来ますが、もっと正確に知りたい場合は病院を利用してみてはどうでしょうか。病院での検査方法はCT装置や、MRI、超音波で調べる方法があります。正確さはMRIが一番だと言われていますが、設置している病院が限られてしまう事もあって主にCTでの検査が普及しています。また、超音波は検査費用をおさえられるかわりに、若干精度が落ちると言われています。

体脂肪率の治療方法
体が重くなってしまい動きにくくなってしまう体脂肪率の増加。その最も有効な治療法は食事療法と運動療法の両輪で対策を練ることです。食事療法としては間食などを控えて食べ過ぎをしないことです。そのため摂取のカロリーを把握することです。運動療法としては負荷の弱い運動を定期的に長時間続けることで体脂肪を燃やすことで治療していきます。

体脂肪率の初診に適した診療科目

体脂肪率の専門外来

体脂肪率に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ