アミロイドーシス

アミロイドーシスはどんな病気?
アミロイドーシスというのは、アミロイドと呼ばれる特別なたんぱく質が細胞や身体の組織に沈着するために発生する病気の事を言います。これは病気の総称の事を指しますので一つに分類することは出来ません。主に、アミロイドが全身に沈着するタイプと、一部の組織に沈着するタイプの二つに分けられます。どちらにせよ、この病気にかかっている人は年間で数千人程度しかいませんので珍しい病気の一つとして認識されています。


アミロイドーシスの症状
アミロイドーシスの症状は、全身性と限局性とに分類されている為、その分類される為病型によって多彩であります。主に全身性の場合には、全身衰弱、貧血、心アミロイド沈着にともなう心臓への疾患、ネフローゼなどの腎障害、手足のしびれなどがあります。また、高齢者の場合には、脳血管壁へのアミロイドの沈着により、脳葉型の脳出血をたびたび発症し、その頻度は多発、再発を繰り返すことがほとんどです。

アミロイドーシスの原因
アミロイドーシスについて考えられる原因として、まず、アミロイドというタンパク質の一種が、全身の臓器や細胞等に沈着して、機能障害が生じてしまうことにあります。これには、遺伝によるものとそうでないものがあります。では、遺伝によらないものにはどのようなものがあるのでしょうか。主に、高齢化による疾患が多いと言われています。年齢が重ねるにつれて、その頻度が高まっていくそうです。

アミロイドーシスの検査と診断
アミロイドーシスの診断には、臨床症例が決め手となりますが、診断を確定するための検査方法は、生検によりアミロイド物質の存在を確認する必要があります。診断確定に有用な生検部位は、歯肉、皮膚、神経、肝臓、腎臓などの臓器で、採取した組織からアミロイドに特徴的に見られる緑色複屈折が認められれば診断が確定されます。また、心疾患の場合は、エコー検査でも特徴的な所見が見られます。

アミロイドーシスの治療方法
アミロイドーシスの治療法は、現代医学では100パーセント治せる方法はありません。ただし免疫抑制薬、ステロイドなどを使って対処したり、肝移植が有効であるケースはあります。この他にも実験的にいろいろな治療方法が研究されていて、透析膜を開発して対処するといった方法も考えられています。完治ではなく、改善を試みて行動する医師が多い傾向にあります。

アミロイドーシスの初診に適した診療科目

アミロイドーシスに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ