亜急性連合性脊髄変性症アキュウセイレンゴウセイセキズイヘンセイショウ

亜急性連合性脊髄変性症はどんな病気?
胃切除手術を受けた人,慢性胃炎の人にみられる病気です。


亜急性連合性脊髄変性症の症状
全身脱力感、両手足におこる異常感覚(チクチクするなど)やしびれが出ます。悪化すると、手足の強張り、位置感覚喪失、歩行困難などもおこってきます。

亜急性連合性脊髄変性症の原因
ビタミンB12が不足するため、脊髄の神経繊維が変性し、感覚異常などの症状が現れます。脳や視神経にも損傷が及ぶと錯乱や無感動などの精神障害や、視力低下もおこります。

亜急性連合性脊髄変性症の治療方法
ビタミンB12を注射で補う薬物療法が効果的です。

亜急性連合性脊髄変性症の初診に適した診療科目

亜急性連合性脊髄変性症の専門外来

亜急性連合性脊髄変性症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ