回帰性リウマチカイキセイリウマチ

回帰性リウマチはどんな病気?
急性の関節炎と関節周囲炎の発作を繰り返す病気です。


回帰性リウマチの症状
突然に関節がうずくように痛んだり赤く腫れたりする発作を繰り返します。いきなり関節が痛み、腫れます。数日以内に痛みは落ち着きますが、数ヶ月や数年毎にこれを繰り返すこともあります。痛みが治まると、そ後遺症を残さないのが特徴です。1つの関節だけに生じることもあれば、数カ所の関節に生じることもあり、全身どこの関節にも痛みが起こります。なかでも、多いのは手指や手首、膝が多いようです。

回帰性リウマチの原因
原因ははっきり分かっていません。回帰性リウマチは30歳代~60歳代に多く見られます。

回帰性リウマチの治療方法
治療は非ステロイド性の抗炎症剤を使用します。発作が頻発するようならば、免疫作用を調整・抑制する抗リウマチ剤も使います。

回帰性リウマチの初診に適した診療科目

回帰性リウマチの専門外来

回帰性リウマチに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ