広汎性発達障害コウハンセイハッタツショウガイ

広汎性発達障害はどんな病気?
広汎性発達障害は、脳機能の生まれつきの障害です。対人関係の障害、コミュニケーション障害、こだわりを持つなどの3つの特徴があります。アスペルガー症候群、自閉症がこれに含まれます。人との関わりが苦手で友達を作れない、空気を読めないなどがありますが、驚異的な記憶力や集中力で、中には特殊な才能を発揮される方もいらっしゃいます。


広汎性発達障害の症状
広汎性発達障害の子供に共通してよくみられる症状があります。新生児では、おとなしく手がかからず抱っこを嫌がったり逆に手がかかり過ぎるということがみられます。乳幼児期に入ると、呼んでも振り返らないことが多く耳が聞こえていないのではないかと心配になる保護者が大勢います。ひとり遊びに熱中し、その遊びの内容はおもちゃをどこまでも一直線に並べたり換気扇などの回るものに執着してうっとりと眺めたりしています。

広汎性発達障害の原因
広汎性発達障害の原因は、今まで親の愛情不足や親のしつけにあると言われていました。しかし、研究が進むにつれて、遺伝的な脳機能障害であることがわかっていきました。また、遺伝的なものだけでなく妊娠中の母親の心身状態や、出産前後の様々な状況が子供に大きな影響を与えます。しかし、いまだに分かっていないことも多いというのが実情です。

広汎性発達障害の検査と診断
広汎性発達障害の検査方法は、精神疾患の診断マニュアルに従った面接などの診断方法を用いて行います。患者との面接や観察、さらに家族や教師などから情報を集めます。また、これまでの発育過程での各状況についての聞き取りを行います。こうして患者に関する情報を直接の診断や周りの情報を総合的に判断することによって、障害にあたるかどうかを診断します。

広汎性発達障害の治療方法
広汎性発達障害はこれといった明確な治療法も薬も存在していません。求められるのは、障害児が示すてんかんや不安、不眠の情緒的な問題や行動上の問題などです。この病気だけでなく発達障害への対応は共通しています。生活するにあたり必要な支援を適切に行う事がが基本となり、これを療育と言います。その課題は、障害の特徴をはじめ年齢や発達とともに異なります。

広汎性発達障害の初診に適した診療科目

広汎性発達障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ