過食症カショクショウ

過食症はどんな病気?
過食症とは一般的な人が食べる量よりもはるかに多い量を食べてしまう食欲を自分でコントロールできなくなる病気です。拒食症からの反動でなってしまうケースが多いです。大量に食べてしまった後は強い罪悪感や自己嫌悪に陥ってしまい、嘔吐したり、下剤乱用、翌日の絶食など食べたことを無かった事にする帳消し行為をしてしまったりします。長期に渡ると体への負担は相当なものです。


過食症の症状
過食症の症状は限度なく食べ続け全て吐き出すということをくり返すことによって栄養バランスが乱れ、無月経や冷えやむくみ、貧血などが見られることです。また太らないために下剤や利尿剤を異常摂取してしまうことによって腎機能障害などの健康への悪影響も見られます。嘔吐をくり返すために胃酸の影響で歯が痛み、虫歯になりやすくなったり歯の変形などもあります。情緒不安定などの精神疾患が見られるなどが挙げられます。

過食症の原因
過食症は精神的なものが原因になって起こる場合が多いです。一番の大きなのは「過度なダイエット」によるものです。きれいになりたいという願望が、かなり無理なダイエットを引き起こし、そのストレスから食べものをとても多く食べて、そのあと吐く、ということを引き起こすのです。また人間関係や職場、学校でトラブルを抱えていると、それが摂食障害を引き起こす場合があります。

過食症の検査と診断
過食症の検査方法には、患者の日頃の言動に注目してチェックしていく方法がよくとられます。食べ物のことばかりを考える、食べているのに吐くため太らない、食べ出すと止まらないから止めてと周りに頼む、食後にトイレにこもってしまう、食べたあとに塞ぎ込みがちである、完璧主義であるなどの項目をもうけ、いくつか当てはまるようなら可能性があります。

過食症の治療方法
過食症の治療法は、患者が食べた食事を全て記録に残し患者に見せて、どれだけの食事を一日に行っているかをわからせることです。過食の意識がないのに食べ過ぎている人なら、記録を見ただけで自分の食べている量が多すぎることに気づき食事を制限します。食事が多すぎることに気づけば、食事量を徐々に減らしていきストレスを取り除いてやればいいだけです。

過食症の初診に適した診療科目

過食症の専門外来

過食症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ