境界性人格障害 (境界性パーソナリティ障害)キョウカイセイジンカクショウガイ

境界性人格障害 (境界性パーソナリティ障害)はどんな病気?
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、神経症障害と統合失調障害のどちらの症状もあらわれ、どちらか特定ができないものをいいます。ささいなことで不安感が高まる不安障害や、解離性障害、妄想や幻聴が現れる、両極端の考え方しかできなくなるなど、様々な症状が現れます。強いストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因となることが多く、患者の8割が女性であることも特徴です。


境界性人格障害 (境界性パーソナリティ障害)の症状
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、神経症障害と統合失調障害のどちらの症状もあらわれ、どちらか特定ができないものをいいます。ささいなことで不安感が高まる不安障害や、解離性障害、妄想や幻聴が現れる、両極端の考え方しかできなくなるなど、様々な症状が現れます。強いストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因となることが多く、患者の8割が女性であることも特徴です。

境界性人格障害 (境界性パーソナリティ障害)の原因
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)では、人からの見捨てられ不安を避けるために無理な努力をし、対人関係が非常に不安定である。また、自己像や自己の感覚が不安定で、衝動的に自分を傷つける行為(浪費、薬物乱用、過食、自殺企図、自傷行為)などを行うことがある。感情も不安定で、急に激怒したりする一方で慢性的な空虚感もある。一過性で反応性の妄想様観念や強い解離症状がみれらることもある。

境界性人格障害 (境界性パーソナリティ障害)の検査と診断
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の検査方法についてです。パーソナリティ障害について一般的に言えることなのですが、それらは基本的に精神的な問題に該当するため、そのパーソナリティ障害ごとに患者の言動に関するガイドラインが定められていて、その特定の条件にある程度該当するものがその患者なのだ、という検査の方法がとられています。境界性のものについてもその例外ではありません。

境界性人格障害 (境界性パーソナリティ障害)の治療方法
境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)の検査方法についてです。パーソナリティ障害について一般的に言えることなのですが、それらは基本的に精神的な問題に該当するため、そのパーソナリティ障害ごとに患者の言動に関するガイドラインが定められていて、その特定の条件にある程度該当するものがその患者なのだ、という検査の方法がとられています。境界性のものについてもその例外ではありません。

境界性人格障害 (境界性パーソナリティ障害)の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

境界性人格障害 (境界性パーソナリティ障害)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ