糖原病トウゲンビョウ

糖原病はどんな病気?
今ではとても話題になっている糖原病は「治せる」と人気になっているのです。昔は難しくて、死に至る病気とされていたのですが、今となってはとても安心して治すことができるので、不安に思ってしまうことが一切なく、早期発見によってすぐに治すことができるので、不安に思ってしまうことが一切ないので、誰でも、安心することができるのです。


糖原病の症状
糖原病の症状は、肝型や筋型などと、型によって異なります。肝型では、低血圧や低身長、肝臓の肥大が起こります。このうち、低血糖になると血糖の低さによって、頭がだるくなったり、重度の場合だと昏睡状態にまで陥ることもあります。また、汗管腫ができることもあり、最悪の場合悪性化することもあります。筋型では、運動したときの疲労、筋力の低下、筋肉痛が起こります。心筋型というものでは、心不全に至ることがあります。

糖原病の原因
糖原病2型はポンぺ病とも呼ばれ、その原因はグリコーゲンを分解する酵素のひとつであるα1,4グルコシダーゼが先天的に分泌されないか、または少ないためにグリコーゲンを分解することが出来ず、あらゆる細胞のライムゾーンに大量に蓄積されることにあります。その結果、膨らんだライムゾーン周辺の心筋機能に障害が発生します。先天的疾患ですので遺伝が大きく関わっています。

糖原病の検査と診断
糖原病にはどういった検査方法が行われているのでしょうか。この病気には、様々な検査の方法が採用されています。肝臓や筋肉に対するMRIやCTスキャンが主に考えられます。他には、フェルナンデスという人のグループによって確立された負荷試験や、血液や肝臓や筋組織を用いる酸素活性の測定もあれば、遺伝子解析によって検査することができる場合もあります。

糖原病の治療方法
血糖値を維持するために寝る前にコンスターチを投与することで、糖原病の症状の進行を防ぐことが出来ます。タンパク質が多い食事を制限する食事療法で治療をすることが可能です。肝臓に異常がある場合は、肝臓の一部を切除する手術を受けて治すことが出来ます。肝臓移植を受ける治療法でも治すことが出来ます。筋肉の異常がある時は、抗生物質の投与が有効です。

糖原病の初診に適した診療科目

糖原病の専門外来

糖原病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ