胸膜肥厚キョウマクヒコウ

胸膜肥厚はどんな病気?
何らかの原因で胸膜が炎症を起こしてその後に完治すると、胸膜が厚みを帯びることがあり、これを胸膜肥厚といいます。


胸膜肥厚の検査と診断
一般的に、20代~40代ぐらいの若年者であれば胸膜肥厚があったとしても病的なものではないことが多いと言われていますが、50代以降で胸膜肥厚と指摘された場合には、肺結核やアスベストによる胸膜中皮腫などの危険性を心配した方がよいでしょう。

胸膜肥厚の初診に適した診療科目

胸膜肥厚に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ