リンパ節炎リンパセツエン

リンパ節炎はどんな病気?

リンパ節炎は急性と慢性のものがあり、主にリンパ節が細菌に感染し炎症を起こす疾患です。急性のものは、腫れ・痛みを伴う場合が多いですが、慢性の場合、痛みが伴うことは稀ですが、皮膚との癒着やリンパ節の硬直が見られます。また原因も違っており急性は虫歯菌や細菌が関係しており、慢性の場合は、結核、梅毒などの菌が主な原因となります。



リンパ節炎の症状
リンパ節炎にかかってしまったら、いくつかの非特異的な症状が発言するといわれています。要するに、この疾患に特有なものではなく、他の多くの疾患でも通常みられるような現象であるといえます。どのようなものがあるかというと、リンパ節の炎症に伴う痛みや腫れ、疲労感やけん怠感など、場合によっては前身のけだるさや発熱などが生じることもあります。

リンパ節炎の原因
リンパ節炎にかかってしまったら、いくつかの非特異的な症状が発言するといわれています。要するに、この疾患に特有なものではなく、他の多くの疾患でも通常みられるような現象であるといえます。どのようなものがあるかというと、リンパ節の炎症に伴う痛みや腫れ、疲労感やけん怠感など、場合によっては前身のけだるさや発熱などが生じることもあります。

リンパ節炎の検査と診断
リンパ節炎であるかどうかを検査する方法として考えられるのは、まず第一に目視や触診による検査です。リンパ節のうち、体の表層に比較的近い部分にあるものについては、この目視と触診によって炎症や腫れの存在を確認することができます。これらの検査方法によって確認できないような場所にあるリンパ節の場合は、これらとは異なった手段によって検査することになります。

リンパ節炎の治療方法
リンパ節炎になった場合の治療法は、症状や原因によっても変わってきます。リンパ節の腫れが大きくなければ自然に治癒するのを待っても問題ありません。細菌に因る場合には、抗生物質を使用して炎症を抑えます。ウイルス性の場合には抗生物質は、効果はなく熱を抑えるために冷やしたりして自然治癒させます。また、悪性腫瘍の場合などにはリンパ節を切開して膿を取り除いたりもします。

リンパ節炎の初診に適した診療科目

リンパ節炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ