女性化乳房ジョセイカニュウボウ

女性化乳房はどんな病気?
女性化乳房とは、男性の乳腺が女性の乳房のように発育、肥大してしまう事です。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることにより起こることがあります。原因として、肝機能の低下により女性ホルモンが増加してしまう事や薬の副作用、思春期や更年期でのホルモンバランスの乱れなどがあげられます。生理的なものが原因であれば放置しても問題はありませんが、痛みを伴う場合や病的なものが原因である場合は治療が必要です。


女性化乳房の症状
女性化乳房とは、男性が女性のように乳房がふくらんできてしまう、という症状のある病気のことです。なかには胸にしこりのようなものがあることがわかるという人もいます。本当に女性のように全体的に大きくはならないですが、ぽこっとふくらみ、女性と同じようにジャンプやジョギングをした際に胸が揺れて痛いと訴える人もいるのが事実なのです。

女性化乳房の原因
女性化乳房になることは原因不明の突発性の物が一番多いです。生理的に乳腺が肥大化することもあり引き起こすことが複数あります。また肝疾患に合併して引き起こったり、ホルモン剤などの薬剤が影響をしていることもあります。内分泌疾患に合併することもありますし様々なことで乳房が女性化してしまいます。乳房が女性化する理由はたくさんあるのです。

女性化乳房の検査と診断
女性化乳房であるかどうかを調べる方法としては、いくつか代表的なものが存在します。まずはじめに、単純に医師が直接、目視や触診によって診断をします。そのうえで、この疾患であるということが予想された場合、確定的な診断のために、血液検査などを行い、特定のホルモンの数値が、基準を上回っているかどうかを検査することになります。これが通常行われる検査方法です。

女性化乳房の治療方法
女性化乳房において、万一消失しない、あるいは消失が見込まれない場合の根治療法として、外科手術があります。乳輪の下半分を切除し、その切った部分から乳線と死亡を吸引する手術です。術後約1カ月程度は腫れが出るものの、時間の経過とともに収まっていき、乳輪の出た状態も徐々に消えます。なお、腫れを抑えるためには、手術部位を圧迫することが重要であるとされています。

女性化乳房の初診に適した診療科目

女性化乳房の専門外来

女性化乳房に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ