期外収縮キガイシュウシュク

期外収縮はどんな病気?
心臓は電気信号により収縮しており、安静時では毎分50~100回規則的に電気刺激が起こります。期外収縮とは、この規則的に起こっている電気刺激が予想とは別に変則的に起こり、脈が乱れる不整脈のことです。原因となる病気には、心臓弁膜症、狭心症、高血圧、などがあります。またストレス、過労、飲酒、睡眠不足が原因で症状が現れる場合もあります。


期外収縮の症状
期外収縮とは不整脈の一種です。不整脈を訴える人の多くがこれにあたります。一瞬脈が強く打ったり、飛んだように感じるという症状が一般的です。健康な人に起こることも多くあり、放っておいても大丈夫な不整脈として扱われることがほとんどですが、あまりに強く感じてしまう場合には注意が必要です。健康な人でもアルコールの飲みすぎや、睡眠不足、疲労などで起こることもあります。

期外収縮の原因
期外収縮の主な原因は主に以下のものがあげられる。寝不足、過労、ストレス、喫煙、タバコの煙、アルコール、カフェイン、埃、加齢による不整脈、心身症による合併症、リエントリーである(リエントリーとは通常は心臓全体に伝播する電気信号は消失するものであるが、何らかの異常により消失せず、心臓に異常をきたすこと)。自律神経の異常によることが多いが、寝不足やストレス過度の飲酒等、生活習慣が引き金となることもある。

期外収縮の検査と診断
心臓が期外収縮を起こしているかどうかを診断するためには、いくつかの検査方法がもちいられます。例えばエコーなどを用いて、心臓の拍動を画像の動きとして観察する方法があります。その他の方法として考えられるのは、電気生理学的な手法です。いわゆる心電図検査により、特徴的な波形を示した場合は、その疾患に該当することが考えられます。

期外収縮の治療方法
期外収縮の主な治療法は、症状が軽度の場合と重度の場合とに二分されます。症状が軽度の場合、それ自体に対する処置というのはあまりとることはありません。その必要がないからです。しかし、症状が重度のものになると、不安をなくすための薬や、場合によっては不整脈をなくすための薬が必要になってきます。よほどのことがない限り、生命の危機を考慮しなくて問題ありません。

期外収縮の初診に適した診療科目

期外収縮の専門外来

関連部位から他の病名を探す

期外収縮に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ