ACTH分泌腫瘍エーシーティーエイチブンピシュヨウ

ACTH分泌腫瘍はどんな病気?
下垂体腫瘍から分泌されるホルモンが過剰なため、副腎が刺激され、血中の副腎コルチゾールの分泌が過剰になり、脂肪沈着による肥満、筋肉萎縮、出血斑、骨粗しょう症になりやすくなるなどの症状がおこる病気です。


ACTH分泌腫瘍の治療方法
下垂体腫瘍の外部的治療による摘出またはコルチゾールを合成を抑制する薬剤を服用するなどの治療法がおこなわれます。

ACTH分泌腫瘍の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

ACTH分泌腫瘍に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ