性器ヘルペス感染症セイキヘルペスカンセンショウ

性器ヘルペス感染症はどんな病気?
ヘルペスウィルス(HSV)には1型2型があり、感染後1週間以内に皮膚に皮膚に小水疱を生じ、破れて痛みの伴うびらんとなります。性器周辺にこのヘルペスウィルスが感染する病気です。

性器ヘルペス感染症の症状
外陰部や膣のまわり、包皮、亀頭、陰茎体部などの性器周辺に、痒みや違和感、ひりひりとした感じがします。赤く腫れたりただれたりするような状態や水泡ができます。この赤く腫れた状態や、水泡、また水泡が破れた状態になると、非常に痛みを感じます。足の付け根が痛くなったり、熱が出るなどの症状が出ることもあります。

性器ヘルペス感染症の原因
ヘルペスの病変部との接触により感染します。症状が出ていないときでも、性器の皮ふや粘膜にウイルスが出てきて、感染することもあります。

性器ヘルペス感染症の検査と診断
病変部分からウイルス感染細胞を綿棒で採取し、検査を行います。

性器ヘルペス感染症の治療方法
5~10日間、薬を服用します。軽い症状では軟膏を塗布します。重症例の場合には、点滴治療も行われます。ただし、神経節に潜伏するウイルスを排除して完治させることはできません。過労・ストレス・性交渉などのさまざまな刺激で、症状が再発することがあります。

性器ヘルペス感染症の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

性器ヘルペス感染症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ