トラコーマクラミジア感染症(CT)トラコーマクラミジアカンセンショウ(シーティー)

【トラコーマクラミジア感染症(CT) はどんな病気?】

 クラミジア・トラコマチス という細菌によって眼に発症する結膜の感染症です。

トラコーマクラミジア感染症(CT) の症状】

結膜が炎症を起こして赤くなり、かゆみや痛み、膿みを伴う目やにがおこります。また、耳の前のリンパ節がはれ、痛みを伴います。 

【トラコーマクラミジア感染症(CT) の原因】

主に、性行為によって感染する病気です。また、新生児が母親から産道感染する場合もあります。

【トラコーマクラミジア感染症(CT) の検査と診断】

抗原検出法,抗体検出法,クラミジア核酸の検出法など、症状に応じて検査を行います。

【トラコーマクラミジア感染症(CT) の治療】

クラミジアに有効な抗生剤の点眼や軟膏が治療に用いられます。

トラコーマクラミジア感染症(CT)の初診に適した診療科目

トラコーマクラミジア感染症(CT)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ