動物由来感染症ドウブツユライカンセンショウ

動物由来感染症はどんな病気?

動物由来感染症とは、動物を介して人に感染する病気のことです。通常は人には感染することのない病気であっても、特定の動物を介することによって感染してしまうことがまれにあります。そのような疾患は意外と多く知られていますが、いうまでもなく、このような感染は、それが由来する動物との接触を避けることで、防止することができると考えられます。



動物由来感染症の症状
動物由来感染症とは、エボラ出血熱や鳥インフルエンザのように動物がもともとの宿主であり動物には無害であるが、人間に感染するとかな確率率で死に至る恐ろしい感染症のことです。ワクチンなどが無いものが多くウイルスに感染すると高熱が出て、すぐにショック状態にまでいたる症状が出てきます。そのため治療方法も確立されないままになっているのです。

動物由来感染症の原因
動物由来感染症とは、エボラ出血熱や鳥インフルエンザのように動物がもともとの宿主であり動物には無害であるが、人間に感染するとかな確率率で死に至る恐ろしい感染症のことです。ワクチンなどが無いものが多くウイルスに感染すると高熱が出て、すぐにショック状態にまでいたる症状が出てきます。そのため治療方法も確立されないままになっているのです。

動物由来感染症の検査と診断
人と動物の共通感染症(ズーノーシス)は、動物から人に感染する病気として動物由来感染症といいますが、研究所などで病原体の保有実態を知るために検査することがあります。検査方法として、病原体保有実態調査、鳥類の飼育場所別オウム病クラミジア保有実態調査などがあり、動物はふんで検査します。ペットからの感染が考えられる人の場合は、感染していないかを血液検査で調べることができます。

動物由来感染症の治療方法
動物由来感染症にかかった場合の治療法には多数の方法が有り、医師の判断や患者さんの状況によって適切な方法が選ばれる必要があります。さまざまな種類があるのでまずはどの種類の感染症にかかっているのかを判断して治療をするべきです。代表的な感染症である野兎病でしたらストレプトマイシンといった抗生物質を筋肉の内部に投与するのが有効です。

動物由来感染症の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

動物由来感染症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ