犬回虫症 (幼虫移行症)イヌカイチュウショウ

犬回虫症 (幼虫移行症)はどんな病気?
イヌ回虫の卵が、何かの原因で人間の体内に侵入し、幼虫のまま体内を移行して内臓や眼に入り、様々な障害を引き起こす病気です。

犬回虫症 (幼虫移行症)の症状
発熱や全身の倦怠感、食欲不振などがあります。 稀にアレルギー性の発疹、胸痛、肝臓の異常などが起こり、眼に入ると、視力の低下、眼の痛み、飛蚊症が現れます。

犬回虫症 (幼虫移行症)の検査と診断
血液検査、X線検査、超音波検査などで確定診断します。

犬回虫症 (幼虫移行症)の治療方法
駆虫薬の投与が主な治療です。眼科では光凝固療法が用いられます。

犬回虫症 (幼虫移行症)の初診に適した診療科目

犬回虫症 (幼虫移行症)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ