心身症シンシンショウ

心身症はどんな病気?
心身症は1982年の日本航空機墜落事故により有名になりましたが、ストレスにより脳を介して自律神経・内分泌系・免疫系に影響を与え、身体疾患が現れます。出現する身体疾患には、頭痛・めまい、胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、糖尿病、狭心症、心筋梗塞、ぜんそく、アトピー性皮膚炎など様々です。治療は、ストレスの軽減や、内科的治療、薬物療法があります。


心身症の症状
心身症の症状は感情が乏しくなり、外部の刺激に対して関心がなくなりリアクションが少なくなっていきます。周りの人間との意思疎通が困難になりコミュニケーションは一方通行になり、現実感が感じられなくなります。コミュニケーションが取れる時間が短くなり関心がなくなってくると、喜怒哀楽を見せなくなっていき他人への関心がなくなり自分の世界に閉じこもるようになります。

心身症の原因
心身症になってしまう原因については、先天的な体質の上に、過度なストレスや欲求不満、強いプレッシャーなどの後天的な要因が加わることにあります。自律神経、ホルモン、免疫の3つのバランスが成り立つことで健康を維持していますが、過度のストレスなどが加わることにより、これらの中枢である視床下部の機能が乱れます。このことにより、体に様々な疾患が生じます。

心身症の検査と診断
心身症にはハッキリ決まった検査方法がありません。一般的には、患者の様子とその環境を見て判断します。例えば、ストレスのような、患者に症状を引き起こさせる物事や患者の具合が悪化する前に関与するものを調べて他例と比較したり、逆に仮定した原因に対する治療を行ったり、そのストレスを遠ざけて症状が改善されるかを調べたりして検査をします。

心身症の治療方法
心身症の治療法は、カウンセリングが一般的ですが、薬物療法や催眠療法などと併用して治療を行うケースもあります。人によって治療方法は変えたほうが良い傾向にあり、カウンセリングに関しても相手に合わせて行う必要があります。また自律訓練法、バイオフィードバック療法などで効果がある場合もあり、今後も新たな治療方法が生まれる可能性が高いです。

心身症の初診に適した診療科目

心身症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ