急性中耳炎キュウセイチュウジエン

急性中耳炎はどんな病気?
急性中耳炎はなんらかの原因により耳に菌が入り込み、それに伴い急性の炎症や耳の痛み、発熱を引き起こす病気です。逆に他の病気を発症した合併症としても急性中耳炎を起こすことがあります。乳児がこの病気になりうることが多いです。治療はとにかく安静を第一に心がけ、抗生物質や鎮痛剤といった薬が一般的です。適切な治療を行えば完治することが多いです。


急性中耳炎の症状
急性中耳炎の症状は、主に耳痛や耳だれ、耳閉感などです。小さい子供は耳の痛みを訴えず、発熱だけの場合もあります。鼓膜の発赤、腫れ、うみの貯留による混濁があり、穴があくと耳だれの流出があります。また、発熱などの全身症状が強いのも特徴です。難聴は軽度ですが、重症になると内耳性難聴の症状が出ることもあり、耳閉感が強くでることもあります。

急性中耳炎の原因
急性中耳炎の原因の多くは風邪です。風邪をひいて細菌感染を起こすと細菌がたくさんいる黄色い鼻水が鼻の中にたまり、くしゃみや咳などによって、この黄色い鼻水が耳管を通って耳に入ってしまい、耳の中で炎症が起きてしまうことが原因です。原因菌としては、インフルエンザ菌と肺炎球菌によるものが最も多く、モラクセラ・カタラーリスによるものもあります。

急性中耳炎の検査と診断
急性中耳炎の検査方法ですが、鼓膜を診察することで比較的簡単に判断できます。鼓膜が赤い、腫れている、色が濁っているといった特徴が見られます。また、鼓膜に穴が開いているとそこから耳だれが流れてくるので、その病原を調べるための検査も行います。その他、炎症や聞こえの具合を確かめるために、レントゲン検査や聴力検査、血液検査を行うこともあります。

急性中耳炎の治療方法
急性中耳炎の治療法は、まず、細菌を殺したりその増殖を抑えるために抗生物質を服用します。さらに、痛みや熱がひどい場合には解熱剤や鎮痛剤を処方します。軽症、中等症の状態の時は主に抗菌薬の投与で様子を見ますが、重症の時は鼓膜に穴をあけ、膿や惨出液を排出するための鼓膜切開を行います。副鼻腔や鼻咽腔に炎症があれば、同時に吸引や鼻洗浄を行い治療します。

急性中耳炎の初診に適した診療科目

急性中耳炎の専門外来

急性中耳炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ