中咽頭がんチュウイントウガン

中咽頭がんはどんな病気?
中咽頭がんとは、中咽頭と呼ばれる鼻や口の奥にあるのどの部分に発生するがんの一種です。このがんは、中咽頭の粘膜の細胞が、何らかの原因によって異常に増殖することによって起こります。良性の場合と悪性の場合がありますが、悪性の場合は、手術や抗がん剤などの薬剤投与によって治療を行うことになります。遺伝によるケースが疑われる場合もあります。

中咽頭がんの症状
中咽頭がんでは、のどの違和感やしみる感じが見られるほか、のどの痛みや発音がしにくいという症状をはじめに感じる方が多いです。もちろん自覚がなく、検査によって発覚するという方もいます。がんが進行していくと上記の特徴に加えて、食べ物が飲み込みづらい、強い痛み、出血などが見られます。特に呼吸困難になると大変危険な状態であるのですぐに治療が必要になります。

中咽頭がんの原因
中咽頭がんは比較的発症例が少なく、まれながんですが、飲酒や喫煙が原因ではないかとみられています。日本では特に九州、沖縄など度の強い酒を飲む地方での発症が高いです。世界的に見てもフランス、イタリア、東南アジアなど飲酒をたしなむ国に多いです。また、インドでは喫煙も多い国です。男女比率では男性が圧倒的に多いことが特徴です。最近ではヒトパピローマウイルスも関係があるのではないかと見られています。

中咽頭がんの検査と診断
中咽頭がんの検査方法は、大きく分けて5種類あります。視診検査、触診検査、生検検査、超音波検査、CT・MRI検査です。視診、触診は、目で見て触って腫瘍を確認する検査ですが、生検検査とは、咽頭や喉頭に局部麻酔をして、内視鏡で観察し、腫瘍と思われる患部の一部を採取して病理検査をします。超音波検査は、頸部リンパ節への転移の有無を調べます。CT・MRI検査では、頭頸部から胸部へ断層撮影をして確認します。

中咽頭がんの治療方法
中咽頭がんの治療法は主に放射線治療と手術による治療が挙げられます。また、これに加えて化学療法も行うこともあります。早期であればあるほど放射線治療で手術と同等の効果が期待できます。副作用もありますが欠損部分も少なく治療の時間も1回に数分程度で終了します。進行がんであると手術を行います。放射線治療を併用する場合もあります。

中咽頭がんの初診に適した診療科目

中咽頭がんの専門外来

中咽頭がんの専門医

中咽頭がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ