乱視ランシ

乱視はどんな病気?
一般的に、乱視とは正確に見ることができずに、ぼやけて見えてしまう現象のことです。このため、はっきりと目標物を見れないために、細かい字などで書かれた書類などを読み取ることができないなどの問題があります。このため、正確に目的物などを見れるようにする必要があります。このため、眼科などで治療を行い、はっきりと見えるようにする必要があります。


乱視の症状
乱視とは、誰にでも起こりうる目の症状のことです。左右の目の視力が変わってしまい、どちらかが見えやすくどちらかが見えにくくなってしまうという特徴があります。なので、普通に物を見ようとしても、左右の視力が異なるため物にピントが合わせづらく、めまいがしてしまったり目の疲れを感じたりすることがあります。目を酷使する現代ではとても多い目の状態です。

乱視の原因
目の病気である乱視が発症する原因は、先天性なものと後天性なものがあります。先天性の場合は遺伝的なものが関係していますが、おなかの中にいるときの状態や、出産時の対処によってひきおこされるものです。後天性のものとしては、角膜炎などの疾患、逆さまつ毛の刺激による傷、視力の悪い人が遠くを見るときに目を細めてみる癖による圧迫などがあります。

乱視の検査と診断
乱視の検査方法には、放射線状の線を描いた図を通常の距離よりも少し近くから見はじめて、それを少しずつ離しながらみた時にどのように見えるかでそれかどうかが分かる検査があります。どの位置でも放射線状の線がすべて同じ太さ、濃さ、間隔で見えれば問題ありません。近距離で横線がはっきり見え、遠距離で縦線がはっきり見える場合や逆の場合、斜線で見える場合などは、可能性があります。

乱視の治療方法
乱視の治療法は確立されたものが無いので、対処療法として眼鏡で矯正するしかないのです。視力が定まらなくなり視力低下が起きる原因も定かでない状況なので治療を確実に行なうのは難しいのです。一部でレーシックがいいといわれていますが確実に医学的に証明されているわけではないので、眼科医師と相談をして治療をしてみるのがいいはずです。

乱視の初診に適した診療科目

乱視の専門外来

関連部位から他の病名を探す

乱視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ