近視キンシ

近視はどんな病気?
一般的に、近視とは近くの物しか見えない状態であり、作業をする際には多くの制限があります。このため、眼科などに通うことによって、適切な処置を行ってもらうことができます。また、治す方法は遠くを眺めることが効果がある方法ですが、パソコンなどを使用する作業ではそれらを助長させることになります。このため、適切な処置を行ってもらうことが重要です。


近視の症状
近視とは、現代人に多くかかっている人がいる目の症状のことです。具体的には遠いところのものが見えづらくなり、どんどん物を近くにしないと見えないという特徴があります。遠いところの物を見ようとしてもぼやっとしていてはっきりとは見えなくなってしまい、悪くなってくるとはっきりと見えるのは自分の目の前にある物だけになってしまいます。

近視の原因
近くのものは見えるのに、一定の距離をおいてしまうと、見えなくなってしまうことを近視と言います。成長過程で、見えにくいと感じることもありますが、それは、眼科に通院し、きちんと治療を行えばきちんと完治します。ただ原因はいろんなことが考えられます。暗い中で本を読んだり、書いたり読んだりする姿勢が悪かったりするだけで、見えにくくなりますので、日頃から、目に対する意識が必要なのかもしれません。

近視の検査と診断
近視の検査方法はまずは一般的な視力検査をひと通り行っていきます。その後に目薬を使った検査等をします。目薬で目の調節を麻痺させて、調節のない状態で本当の目自体の屈折力を判断していきます。わざとピントの合わないメガネを使って調節ができないようにして検査をすることもあります。調節緊張の判断をしたりする検査で症状がわかります。

近視の治療方法
近視の治療法は、現在はまだ完全に治療できる方法が解明されてされていない状態です。通常は眼鏡やコンタクトレンズの凹レンズを使用して矯正して視力を回復します。近年の最新技術では、レーシックで角膜に傷をつけたり、オルソケラトロジーという方法で角膜の形を矯正することによって、光の反射を変化させることによって、視力を矯正します。

近視の初診に適した診療科目

近視の専門外来

関連部位から他の病名を探す

近視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ