インフルエンザ(小児)インフルエンザ ショウニ

インフルエンザ(小児)はどんな病気?
子供がインフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で、風邪とは違って、38℃以上の高熱がでたり、頭痛、関節痛、筋肉痛などの症状が現れることがあります。季節的に流行性があり、短期間に多くの子供に感染することもあります。


インフルエンザ(小児)の症状
インフルエンザにかかると、まずのどの痛み、鼻汁、くしゃみ、咳、頭痛、寒けなどとともに発熱がみられます。このようないわゆるかぜ症状の他に、筋肉痛、関節痛、眼球の痛み、腹痛、下痢など幅広い症状がみられます。熱はだいたい5日間続きます。

インフルエンザ(小児)の原因
インフルエンザウイルスに感染することによって発症します。主に他人と会話をしたときなどに感染することが多くあります。

インフルエンザ(小児)の検査と診断
インフルエンザに感染したと疑いがあるときには、専門の医師による診察で、のどの奥を視診したり、抗体を用いて調べたりします。

インフルエンザ(小児)の治療方法
インフルエンザウイルスの増殖を抑える抗インフルエンザウイルス薬などで治療します。

インフルエンザ(小児)の初診に適した診療科目

インフルエンザ(小児)の専門医

インフルエンザ(小児)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ