巻爪外来 外科 整形外科 皮膚科 麻酔科 禁煙外来 爪切り 

新宿外科医院

〒260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-16-13
公式情報 このビジネスはオーナーまたはマネージャーによって登録されています。
診療科目
最寄り駅
043-242-5595
病院概要

クリニックからのお知らせ 一覧に戻る

禁煙外来の受診をお考えの方へ

更新日:2015/04/07(火)
喫煙を吸う覚悟
喫煙者の中には禁煙したいなと思う方が少なくありません。かつて私もそうでした。
さ て認めがたいかもしれませんが、ほとんどの喫煙者は(たばこ常習者は)ニコチン中毒なのです。経験から言うとたばこで最初のひと口、思いっきり肺の奥まで 吸うと「うめー!」って感じますよね。この時、指先から採血するとウルトラ高濃度のニコチンが検出されます。まさにニコチンが脳や神経血管に作用する瞬間 です。そして神経活動の麻痺や血管の強い収縮が起こり、たばこを吸ったときの安堵感、たばこを吸うと落ち着くと感ずるのです。しかし吸った直後に計算問題 をしてもらうと、処理スピードに変わりは無いものの誤答率が有意に高くなります。仕事がはかどるわけではありません。ニコチンの血中濃度が下がるのは1時 間くらいで、またニコチンを欲して吸いたくなります。これがニコチン中毒です。
自転車に乗りながらたばこを吸ったことがありますか?たばこの葉だ け燃えて巻紙は残ります。本来たばこの葉と巻紙は燃えるスピードが違います。それでもたばこの煙をくゆらせておくと灰皿の中では同じ早さで燃えていきます ね。巻紙に燃焼性物質が入っているからです。ときにダマとなった火薬がパッと燃えるなんて経験はありませんか。さらに巻紙は漂白もされていますので、燃焼 で一酸化炭素とダイオキシンが出ないはずがありません。それも自分や家族は吸っているはずです。たばこの熱も問題です。ニコチン、タール、熱が口や喉、肺 の粘膜を癌化させます。禁煙をすることで3日くらいで心臓や血管の発作が起こる確率は吸ってない人と同じになります。チャラにできるってこと。肺がんの発 症率はそんなに早くは取り戻せませんが、少なくとも増加が減少に転じます。小さなことですが私は物事を始める前の一服が無いと10分得した気になりまし た。

禁煙治療
このニコチン中毒から離れるには本人の決心が必要です。
私の場合には 子供が吸い殻を口に入れてしまったので止めようと決心しました。禁煙をする動機がある方には、今年禁煙を助けるいい薬ができチャンスです。健康保険でも認 められるようになりました。ニコチン製剤ではないので、はじめの数日はたばこを吸いながら本数を減らしその後禁煙です。
治療期間は12週間、6回の受診が基本です。本来6万円くらいかかる治療費は、健康保険で自己負担額は2万円弱になります。
が、健康保険がお金を出してくれるってことは、禁煙宣言書を書き、毎回呼気中の一酸化炭素濃度を測ることになっています。本気でねって。
禁煙できたあかつきには、ほんとに止めて良かったという自分と家族に吸わない幸せが待っています。
このページの先頭へ