豊島区 大塚 神経科 精神科 心療内科 内科 神経内科 うつ病 認知症 統合失調症 カウンセリング 

医療法人社団求林会クリニック西川

〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-45-9 ヤマナカヤビル1階
公式情報 このビジネスはオーナーまたはマネージャーによって登録されています。
診療科目
最寄り駅
病院概要

ドクターズブログ

2016年10月
  • 感染症の逆襲

    前回、我が国の地球温暖化対策の出遅れを述べた。様々な観測結果や異常気象の頻発からみて、温暖化は予想以上のスピードで進んでいるように思われる。 温暖化がこれ以上のレベルになると私たちの生活にどういう...

    投稿日:2016/10/17
  • 強くて美しい国日本

    先日、EUが批准してパリ協定が11月4日に発行する見通しとなった。 パリ協定とは世界規模の地球温暖化対策の新たな枠組みで、昨年12月パリで開催されたCOP21において採択されたCO2削減案だ。世界共通の長期...

    投稿日:2016/10/09
  • 衍曼流爛(えんまんりゅうらん)

    富山市議会議員の辞職が止まるところを知らない。この1ヶ月の間に定員40名のうち11名が辞職となった。 辞職理由は一昨年国中を笑いの渦に巻き込んだ兵庫県の号泣男と同様、政務活動費の不正受給。その手口たる...

    投稿日:2016/10/03
2016年9月
  • これでもまだ続けるのか

    安倍政権はようやく高速増殖炉型原子力発電炉「もんじゅ」を廃炉する方針を決めたようだ。 高速増殖炉とは通常型原子炉で使用済みとなった核燃料を再利用して発電すると同時に、中に含まれている燃えカスのウラ...

    投稿日:2016/09/26
  • カープそしてカープファンの皆さま優勝おめでとう

    前々回のリオ・オリンピックに続いてまたスポーツの話題になる。 9月10日広島カープが敵地東京ドームで読売巨人軍を撃破して、25年ぶりにリーグ優勝を果たした。それほど野球好きではない私だが、今回ばか...

    投稿日:2016/09/18
  • 蝗禍

    30年近く前、日本経済がバブル景気を謳歌していたころ、在日中国人の友人がこう言った。 「日本を始め、先進国が豊かな暮らしをしていられるのももうあと少しだよ。今は中国人の大半が文明の味を知らない。だ...

    投稿日:2016/09/12
  • リオ・オリンピックをテレビ観戦して

    私はオリンピックの東京開催に反対だ。 1964年に開催された前回の東京オリンピックは経済的に戦後からの復興を勢いづけ、精神的にも国民を敗戦から立ち直らせ、大変意味のある大会だったと思う。 しかし、...

    投稿日:2016/09/05
2016年8月
  • 天皇陛下万歳

    去る8月8日、天皇陛下が国民に向けておよそ11分間のビデオメッセージで「お気持ち」を表明された。 そのビデオメッセージの内容の骨子は以下のようなものである。 ①現行の皇室制度に具体的に触れることは控え...

    投稿日:2016/08/15
  • 宇宙旅行

    私たちは動物だ。おぎゃあと生まれた時から動き始める。2足歩行はお誕生を迎えた頃からになるとしても、生後8ヵ月頃からは這い這いで動き始める。いったい私たちは一生の間にどのくらいの距離を移動するのだろう...

    投稿日:2016/08/08
  • 公安と精神科医療

    横溝正史の小説「八つ墓村」のモデルとなった津山事件(昭和13年、現・岡山県津山市加茂町行重)。2時間の間に28名が即死し、5名が重軽傷を負った(そのうち12時間以内に2名が死亡)し、犯人も自殺した。少なくと...

    投稿日:2016/08/01
2016年7月
  • 日本会議に要注意

    前回のコラムで取り上げた「日本会議」について私の知っている限りを述べてみたい。「私の知っている限り」と断り書きをした理由は、この団体には公開されている表の顔以外に、深くて暗い闇の顔があるように思え...

    投稿日:2016/07/25
  • 目覚めよ民草

    今回の参議院選挙。改憲派が、憲法改正のための手続き上必要な国会議員の2/3以上を占めるか否かの瀬戸際の選挙だった。 結果は皆さんがご存じのとおり、改選121議席のうち自民党が57議席(当選後追加公認...

    投稿日:2016/07/19
  • 忘れてませんか?福島第一原発

    イギリスのEU所属に関する国民投票、舛添の公私混同騒ぎ、熊本地震等々、清原の覚醒剤使用による逮捕、次々と起きる出来事によって、少し前のニュースは記憶のかなたに追いやられてしまう。人の噂も七十五日とは...

    投稿日:2016/07/04
2016年6月
  • 何かおかしい家庭教育

    最近出会ったおやじさん。「大変だ。大変だ。」と大騒ぎ。何が大変なのかと尋ねると、長男が大学受験なので大変なのだと言う。 最近は大学の受験料、入学金、授業料がひどく高いので、学費を捻出することに苦労...

    投稿日:2016/06/27
  • 英雄と極悪な犯罪者とは紙一重

    犯罪者の性格特徴をさまざまなパラメーターから採点して数学的な手法で解析すると、かなりの確率でその人の再犯危険性が予見できるらしい。 そして、どんなにがんばっても矯正が困難で、社会に戻れば再び犯罪を...

    投稿日:2016/06/20
  • ご心配

    いささか食傷気味だとは思うが、先週に引き続き、悪あがきを続ける舛添要一の話題から入らせてもらう。 人間離れした強心臓の持ち主の舛添は、都議会での追及に対して壊れたレコードのように「厳しいご指摘を心...

    投稿日:2016/06/13
  • 嘘つきは政治家の始まり

    次から次に出てくる公私混同の事実。3週前のコラム、「厚顔無恥」で取り上げた現東京都知事、舛添要一の公金私用疑惑は未だに世間を騒がしている。 彼がネコババした額の1件1件は、これまでの政治家の金銭に...

    投稿日:2016/06/06
2016年5月
  • 人生の終い方

    本日、日曜日、久しぶりに横浜に出かけた。横浜は、最近は学会のように特別なイベントでもないと訪れることがなくなってしまったが、小さい頃は足繁く出かけた街だ。 というのは、私の父が長らく某社の横浜支店...

    投稿日:2016/05/30
  • 一目惚れ

    これまでの人間関係を振り返ってみると、初めは感じが良いと思っていたのに、長く付き合っているうちに、だんだんと嫌と感じる点が多くなって疎遠に なる人もいれば、第一印象はなんとなく苦手な人の部類だと思っ...

    投稿日:2016/05/23
  • 厚顔無恥

    「他人に厳しく自分に甘い」 私も含めてこういう人間が増えている。逆に、自分に厳しく他人に甘い人はとんと見かけなくなった。だが、自分のことは棚に上げて他人を厳しく糾弾することにかけて、舛添要一の右に...

    投稿日:2016/05/16
  • ごみ屋敷(ホールディング障害)

    先日、自宅の立て直しにともなって仮住まいに引っ越しをした。この引っ越しの準備と後始末のために2週間以上、大学生の頃以来40数年ぶりに、睡眠 時間4時間の生活を余儀なくされた。その結果、2007年に書...

    投稿日:2016/05/02
2016年4月
  • 猫と犬

    犬と猫は古くから人間が友として飼ってきた動物、いわゆるペットの双璧を成す。この両者を比べると、長らく犬が王者の地位を保ってきた。 古くはスピッツがペットの代表であったが、やがてテレビドラマ「名犬ラ...

    投稿日:2016/04/04
2016年3月
  • 嘘と方便、神と阿呆

    以前、江東区マンションばらばら殺人事件の被告が一審の罪状認否で検察官の冒頭陳述に対して「すべて間違いありません。」と犯行を認めた。凶悪犯罪の裁判では久しぶりの光景だとびっくりした記憶がある。 最近...

    投稿日:2016/03/28
  • お客様は神様です

    以前、とあるファミレスで嫌な場面に遭遇した。一組のカップルが店員を呼びつけて大声でクレームをつけている。どうやら注文した品が自分たちのイメージと異なっていたらしい。馬鹿だちょんだ罵倒した挙句、店長...

    投稿日:2016/03/21
  • 老いてますます壮んなるべし

    以前のコラムで「個体発生は系統発生を繰り返す」というヘッケルの「反復説」を基にして、現在の日本が抱える少子化という問題を考え直してみた。この少子化と密接に関連した、日本の抱えるもう一つの社会問題が...

    投稿日:2016/03/14
  • 思考散乱

    「思考過程の障害(思路障害)」は常に本コラムの閲覧項目の上位にある。一般の方にとって、幻覚や妄想などに匹敵するくらい興味深い精神症状のようだ。 主として統合失調症に見られる思考過程の障害は2008...

    投稿日:2016/03/07
2016年2月
  • お帰りやす

    母と入浴していた幼い頃の思い出。一緒に湯船に浸かっている母がなぜか私に背を向けている。「お母さん、お母さん」と呼びかけても返事がない。さらに「お母さん」と呼びかけると、急にこちらを振り向きざまに「...

    投稿日:2016/02/29
  • 厚化粧の国防婦人会ボス

    1931年の満州事件、1932年の上海事変当時、大阪に住む主婦たちを中心に、出征兵士や応召のために帰郷する若者への慰労を目的として自然発生的に作られた団体が、やがて「大日本国防婦人会」という全国的な組織と...

    投稿日:2016/02/22
  • 伴食宰相

    伴食宰相とは実力や才能が伴わない無能な大臣あるいは職務を果たさない者をたとえて言う。 丸川珠代環境大臣兼原子力防災担当大臣が講演会で福島第一原発事故に関する追加被爆線量の長期目標、 年間1ミリシー...

    投稿日:2016/02/15
  • 水金地火木土天海?

    1月20日米カリフォルニア工科大学の研究チームから海王星の外側に惑星が存在する可能性があると発表された。 おや待てよ。確か太陽系の惑星はすでに9個あるではないか。「すいきんちかもくどってんかいめい(水...

    投稿日:2016/02/08
  • 事実と理想の取り違え

    先日またもや長距離バスの悲惨な事故が起きた。運転手を含む15名が帰らぬ人となった。スキーバスということもあって乗客39名のうち11名が10台、20代前半が23名、20代後半が2名と、大半が大学卒業前の若者であった...

    投稿日:2016/02/01
2016年1月
  • 説明責任

    現行憲法無視、国民の年金資金で株価操作をした景気の偽装、福島原発収拾の目途がつかないままの原発再開、言論機関への権力介入等々、傍若無人の限りを尽くす安倍内閣が冷や水を浴びせられた。週刊文春による安...

    投稿日:2016/01/25
  • 骨肉相食む争い

    無宗教でお祭り好きな日本人はクリスマスやハロウィン、イースターはちゃっかりと悪乗りして大騒ぎするが、1月6日が公現祭という、キリスト教徒にとって重要な日であることを知っている人は少ないのではないだ...

    投稿日:2016/01/18
  • 止まるところを知らぬ放射能汚染

    温かく穏やかな正月気分が北朝鮮の核爆弾の1発で吹き飛ばされてしまった。この爆裂が北朝鮮の言う通り水素爆弾によるのか、小型の高性能原子爆弾によるものなのかはさておくとしても、北朝鮮の核武装が確実に進...

    投稿日:2016/01/11
  • 元旦に思う

    目覚まし時計に邪魔されずゆっくりと目覚める。皆が顔を揃えたらお節とお雑煮を食べ、氏神様への初詣をした後、家内の家と西川家の墓参りをする。これが我が家の元旦の過ごし方。ここ数年このスタイルを通してい...

    投稿日:2016/01/04
このページの先頭へ