豊島区 池袋|胃腸科・整形外科・内科・外科・大腸肛門科・皮膚科・漢方診療・海外渡航者向け予防接種・筋膜リリース注射・人間ドック・健康診断 

林胃腸科外科クリニック

〒170-6007 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル7F
公式情報 このビジネスはオーナーまたはマネージャーによって登録されています。
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
診療科目
最寄り駅
病院概要

林胃腸科外科クリニックのアピールポイント

林胃腸科外科クリニックは、地下鉄有楽町線の東池袋から徒歩3分の場所に建つ超高層ビル、サンシャイン60の7階にある病院です。
駅からのアクセスも良く、診察も日曜日以外は毎日行っているので、通院しやすいです。
林胃腸科外科クリニックは、内科、胃腸科、外科を専門分野としていますが、 整形外科、皮膚科の診察もしている病院です。
また、漢方薬の処方や整形外科の治療としての針灸治療など、東洋医学の治療も行われています。診察しながら、丁寧な説明があり、患者ひとりひとりに合った治療法を話し合いながら決めることができるので、安心して受診することができます。
人間ドックでは、病気の早 期発見や異常に対しての精密検査や治療、日常生活においてのアドバイス、必要に応じて提携医療機関の専門医への紹介も行っています。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病がもたらす、動脈硬化の状態を測定することができる、動脈硬化検査装置も導入しており、適切な治療を受けられるように設備が整います。
さらに、 病院内で使用される胃カメラは、経鼻内視鏡を使用しており、患者の苦痛を軽減しながら診察をすることが可能です。
また、林胃腸科外科クリニックでは、海外 旅行者向けの予防接種や、英文証明書の発行も行っているので、留学生や海外出張する人などに便利です。

病院情報

病院・クリニック名 林胃腸科外科クリニック
院長 林 保 林 保 医師紹介はこちら
所在地 〒170-6007
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル7F
最寄り駅
電話 03-3988-5700
診療科目
診療時間
時間
08:30~12:30
13:45~17:30

休診日について

土曜日午後・日曜日・祝日

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。
交通手段 ・JR「池袋駅」東口 徒歩7分
・有楽町線「東池袋駅」徒歩3分
専門医
専門外来
特徴
出身医学部・歯学部
ホームページ
ブログ ドクターズブログ

診療案内

「林胃腸科外科クリニック」は、豊島区池袋にあるサンシャイン60ビルの誕生と共に開院しました(昭和53年)。
専門分野は、胃腸科・内科・外科ですが、開院当初より整形外科・皮膚科の専門医外来も診療しております。
また、整形外科の理学療法で針灸治療を併用したり、漢方薬剤師による漢方指導なども行ったりと東洋医学も積極的に取り入れております。


◾︎ 胃腸科
胃やお腹の疾患に対し、予防・診断・内科的治療・慢性期の管理・食事指導・内服治療など幅広く対応し、専門的な診療ができるよう尽力しています。
胃潰瘍や胃癌発生の原因となるヘリコバクター・ピロリ菌の診断と治療が可能です。特に食道、胃、十二指腸の診療は、熟練医による無痛内視鏡検査(胃カメラ)・無痛大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を用いた検査を行っております。胆石症や肝臓疾患の診断に有効な腹部超音波検査を行っています。

◾︎ 内科
内科疾患の予防治療や診断、初期の治療、慢性期の管理、食事・運動療法の指導、内服治療などを行っております。
(主な疾患:風邪症候群 、アレルギー疾患 、慢性疾患不眠症、骨粗鬆症、認知症など )
近年増加している、生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)の予防・早期診断、また骨粗鬆症などの適切な治療、管理に努力しています。

◾︎ 整形外科
骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉などの運動器に関わる疾患や外傷について診察します。
レントゲンや最新の超音波による診断やトリガーポイント注射、生理食塩水を用いた筋膜リリース も行っています。
おもに、骨折、脱臼、靭帯損傷などの急性期の外傷や腰痛、肩こり、五十肩、関節痛、手足の痛みなどの慢性疾患、骨粗鬆症などの治療も手がけています。

スポーツ整形外科も診療しており、サッカー・野球・バスケットボール・ダンスなどの競技中に起こった骨折、脱臼、靭帯損傷、肉離れなどのスポーツ外傷やスポーツによる慢性的な痛み等、アスリートから学生選手などスポーツに関わる方を幅広く治療しています。
リハビリに関しては、最新のリハビリテーション機器を取り揃えております。患部に対して頚椎・腰椎牽引装置・低周波治療器・赤外線治療器・微弱電流治療器を用いて暖めながら、患者さんの症状に応じて組み合わせて治療していきます。
(第1、3木曜日午前専門外来あり)

◾︎ 皮膚科
湿疹・皮膚炎 、 にきび・いぼ 、 爪の疾患 、ヘルペス、帯状疱疹など、小さなお子様からご年配の患者様一人一人のお話を伺い、皮膚に関するトラブルについての原因・治療、日常生活におけるケアまで、説明することを心がけております。他医院・大学病院へのご紹介、低刺激化粧品のご紹介も致しております。
(火曜日午前:専門外来あり)

◾︎ 大腸肛門科
痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔・裂け痔)、痔瘻(あな痔)、肛門周囲膿瘍、肛囲湿疹など 、お尻の痛み・出血・違和感に対する検査や治療を行います。
直腸鏡検査や大腸内視鏡検査(大腸カメラ)による検査や血栓性外痔核の日帰り手術を行います。必要があれば専門施設への紹介を行います。

◾︎ 人間ドック
企業からの依頼・個人の希望による人間ドックを扱っています。
当クリニックのドックの特徴は、早期発見・異常所見へのアドバイス(生活・食事指導)のみならず、必要に応じて精密検査並治療、また専門医への紹介を行っています。

◾︎ 漢方治療
西洋医学ではカバーできない症状や疾患に対して、漢方医学(伝統医学)の理論に基づいた治療を行います。
慢性疾患や難病の医療方法として、漢方医学が広く用いられ、その有効性が高く評価されています。種々の疾患を対象としていますが、疾患の種類や程度によっては、現代医学的な治療をお勧めする場合や、 現代医学的な治療を併用する場合があります。各種健康保険の範囲内で、外来で治療を行います。
(水曜日AM:専門外来あり)

◾︎ 海外渡航者向け予防接種
海外旅行者・海外出張者が増加し、風俗・文化・習慣 の異なった人の中で生活するので、日本では思いもよらなかった風土病あるいは伝染病にかかる可能性があります。
その病気から自分自身を守る、また、その病 気を日本に帰って社会に広げないようにするために予防注射は必要です。
当院では、海外渡航者・留学生のための予防注射並びに英文証明書の発行を行っております。
・東南アジアなどの医療事情の良くない国々へ出国される場合の予防注射選定・実施・アドバイス
・米国など先進国への留学における予防接種の選定、英文証明書の発行
・ロシア・中国等へ長期出国する際、国々へ提出する英文証明書発行(エイズ証明書など)

◾︎ 筋膜リリース
筋膜とは筋肉を包み込む膜のことを言います。慢性的な肩・首のこり、腰痛などは、この筋膜が硬くなった状態です。
いわゆる筋肉痛の状態が自己回復できなくなった状態をいいます。この状態をMPS(筋膜性疼痛症候群)といいます。
筋膜リリースとは、硬くなり癒着した筋膜に体液と同じ成分である生理食塩水を注入し、筋膜を剝がし筋膜性疼痛を改善する方法です。
当院ではエコー画像を見ながら注射を行う、エコーガイド下筋膜リリース注射を取り入れております。

◾︎ 各種検査
◆上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)
◆下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ検査)
◆胃部消化管造影検査(バリウム検査)
◆各種採血、尿、便検査
◆レントゲン検査
◆超音波(腹部・頸動脈・整形外科)
◆心電図検査(12誘導)
◆ホルター心電図検査
◆呼気検査(ピロリ菌検査)
◆肺機能検査
◆眼底検査
◆動脈硬化検査
◆インフルエンザ検査


【 費 用 】
各種予防接種
[予防接種] 価格
(税抜)
[抗体検査・その他] 価格
(税抜)
破傷風 2,100円 ムンプス・風疹
麻疹・水痘
各4,000円
A型肝炎 10,000円 ABC型肝炎抗原
抗体
各3,000円
B型肝炎 9,500円 ツベルクリン反応 4,000円
狂犬病 12,000円 クォンティフェロン
(結核抗体検査)
9,000円
日本脳炎 8,000円 メファキン錠
(1錠)
1,200円
水痘
(みずぼうそう)
8,000円 マラロン錠
(1錠)
800円
ムンプス
(おたふく)
7,200円 海外渡航薬
(5日分)
5,000円
風疹 7,200円 海外渡航薬
(7日分)
7,000円
麻疹
(はしか)
7,200円 血液型検査 3,000円
ミールビック
(風疹・麻疹)
9,000円 HIV検査 5,000円
インフルエンザ 4,800円 簡易証明書
(1枚)
300円
肺炎球菌ワクチン 8,000円 簡易証明書
(2枚目~)
200円
BCG 6,000円 英文診断書 10,000円~
不活化ポリオワクチン 9,000円    


上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)
  3割負担 2割負担 1割負担
胃カメラ検査のみ 約5,000円 約3,500円 約1,700円
胃カメラ
+病理組織検査
(ピロリ菌検査)
約10,000円 約6,500円 約3,300円
胃カメラ
+ポリープ切除
約2,3000円~ 約15,000円~ 約7,700円~


無痛大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
  3割負担 2割負担 1割負担
検査のみ 約5,000円 約3,500円 約1,700円
検査+病理組織検査 約10,000円~ 約6,500円~ 約3,300円~
検査+ポリープ切除 約21,000円~ 約14,000円~ 約7,000円~
※診察料を含むおおよその金額になります。処置内容により多少前後する場合がございます。
※胃と大腸の内視鏡検査を同日に行うことも可能です。詳しくはご相談ください。


その他自由診療・健康診断・診断書
AGA治療(薄毛、抜け毛)、ED治療、にんにく注射などの
自由診療、各種健康診断を行っております。お気軽にご相談ください。
自由診療 料金 (税抜)
バイアグラ 1,300円(1錠)
※別途自費診察料
レビトラ 1,300円
(1錠)
※別途自費診察料
ザガーロ (AGA治療) 10,000円
(1箱30カプセル)
※別途自費診察料
ピロリ菌検査 (呼気検査) 5,000円
ピロリ菌検査 (採血) 1,000円
血液型検査 3,000円
ビタミン注射 2,000円
ピアッシング
(ピアッサー紹介状持参)
1ヵ所 1,500円
 
健康診断 診断書 料金 (税抜)
半日ドック 45,000円
一般健診 (胸部レントゲンなし) 4,000円
一般健診 (胸部レントゲンあり) 5,000円
一般健診
(胸部レントゲン・心電図・採血)
10,500円
腹部超音波検査 3,000円
診断書 3,500円
診断書(保険会社用) 5,000円
※お支払いは現金のみとなりますのでご了承ください。

 ※自費診察料
・初診料:4,000円
・再診料:2,000円  
 


医療機器導入しました。NEW!

  動脈硬化検査装置
動脈硬化検査装置(フォルム)
手軽に5分間で血管のつまり具合、硬さを判定できます。
また超音波装置で血管壁の厚さも測定できます。

経鼻内視鏡
無痛胃内視鏡検査(胃カメラ)
鼻から挿入することにより、あの「ゲーゲー」という嘔吐反射をおこすことなく、
患者様の苦痛は大きく軽減しました。

大腸経鼻内視鏡
無痛大腸内視鏡検査(大腸カメラ)
軽く眠った状態で苦痛がない様、とても楽に検査が出来るようになっています。
(希望があれば完全に眠った状態でも検査可能)
また当院では10mm以下のポリープであればEMR(内視鏡的粘膜切除術)を日帰りで行っております。

医師紹介

林 保
院長・医学博士

林 保ハヤシ タモツ

得意分野
豊島区池袋 サンシャインビル60内で胃腸科・整形外科・内科・皮膚科・外科・人間ドック・東洋医学・針灸・漢方・海外渡航者向予防接種の診療・治療をしている診療所です。専門の胃腸科、外科、内科のみならず、整形外科、皮膚科、東洋医学への幅広い知識と経験で地域や企業への健康維持に従事しております。
略歴
・昭和44年 日本医科大学卒業
・日本医科大学付属病院及び、付属第一病院外科にて消化器外科勤務後、昭和53年よりサンシャインビル60にて開業。
・胃内視鏡歴30年
 
保有資格
医学博士
林 竜平
副院長・医学博士

林 竜平ハヤシ リュウヘイ

略歴
平成15年 慶應義塾大学外科学教室入局
平成16年 慶應義塾大学関連病院 外科研修
平成18年 慶應義塾大学病院 一般・消化器外科帰室(大腸外科)
平成21年 慶應義塾大学助教就任
平成22年 慶應義塾大学関連病院 外科医長就任
平成26年 医学博士取得
平成27年 林胃腸科・外科クリニック副院長就任
専門医資格
日本外科学会 外科専門医
その他資格
医学博士
日本医師会認定産業医
日本体育協会公認スポーツドクター
所属学会
日本外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本プライマリケア学会、日本整形外科超音波学会、筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会

現在、林胃腸科外科クリニックの求人情報はホスピタにはございません。
ホスピタ提携「ナース人材バンク」では、あなたの条件にあった求人の紹介が受けられます。
ご利用は完全無料です。あなたにぴったりの求人をご紹介いたします!
ご希望条件はもちろん、転職の不安、お悩み含めて何でもお気軽にご相談いただけます。どうぞご利用ください。

ナース人材バンク
住所:〒170-6007 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル7F
Googleマップで見る  Googleマップでルートを見る
電話:03-3988-5700

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

https://www.hospita.jp/sp/detail/463/

携帯電話用

https://www.hospita.jp/fp/detail/463/
このページの先頭へ