東京都 中央区 日本橋室町 眼科 緑内障 セカンドオピニオン 

室町眼科クリニック

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-1 真洋ビル9F
公式情報 このビジネスはオーナーまたはマネージャーによって登録されています。
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可

室町眼科クリニック休診日のお知らせ

  • 年末年始休診のお知らせ

    2019年12月28日(土)から2020年1月5日(日)まで休診となります。
    ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

    2019/11/13更新

室町眼科クリニックのアピールポイント

当院では、会社の健康診断や区民健診、人間ドックなどで緑内障(視神経乳頭陥凹拡大)を疑われた方の二次検査や、緑内障が心配な方の精密検査、現在緑内障で治療を受けている方のセカンドオピニオンを積極的に行っております。

病院情報

病院・クリニック名 室町眼科クリニック
院長 風見 宣生 風見 宣生 医師紹介はこちら
所在地 〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-1 真洋ビル9F
最寄り駅
電話 03-3241-6168
診療科目
診療時間
時間
11:00~13:30
11:00~15:30
15:00~18:00
※土曜は第2土曜のみの診療です。毎年2月・8月の土曜日診療は、第4土曜日になりますので、ご注意ください。

※第2木曜日は休診となります。

※緑内障の精密検査は予約制で行っています。

ご予約電話番号は03-3241-6168です。 診療受付時間中に承ります。

休診日について

第2木曜・日曜・祝日

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。
アクセス方法 ・銀座線/半蔵門線「三越前駅」A1出口徒歩0分
・JR総武線「新日本橋駅」徒歩4分
ホームページ

診療案内

診療内容


緑内障
眼の神経が徐々に減ってく病気で、進行すると失明に至る事もあります。緑内障の有病率は40歳以上の日本人の5%以上といわれ、決して稀な病気ではありません。

緑内障には様々なタイプがあり、眼圧(眼の堅さ:10~20 mmHgが正常範囲といわれています)が高いタイプもありますが、眼圧が正常範囲内の緑内障(正常眼圧緑内障)もあり、日本人に最も多いのはこのタイプの緑内障です。頭痛や眼の痛みといった自覚症状は全く無く、健康診断や人間ドックでの眼底検査で視神経乳頭陥凹拡大を指摘される場合や、眼鏡やコンタクトレンズ処方、ものもらいや結膜炎などで眼科を受診したときに発見されるケースが殆どです。

緑内障は早期に発見して適切な治療を行えば、進行を抑えることが出来ます。
当院では、会社の健康診断や区民健診、人間ドックなどで緑内障(視神経乳頭陥凹拡大)を疑われた方の二次検査や、緑内障が心配な方の精密検査、現在緑内障で治療を受けている方のセカンドオピニオンを積極的に行っております。

視神経乳頭陥凹拡大について、ご相談受け付けております。

■診療機器:視野検査(ハンフリーII7500、FDT)、三次元画像解析装置(OCT)など

医師紹介

風見 宣生
院長・医学博士

風見 宣生

現在、室町眼科クリニックの求人情報はホスピタにはございません。
ホスピタ提携「ナース人材バンク」では、あなたの条件にあった求人の紹介が受けられます。
ご利用は完全無料です。あなたにぴったりの求人をご紹介いたします!
ご希望条件はもちろん、転職の不安、お悩み含めて何でもお気軽にご相談いただけます。どうぞご利用ください。

ナース人材バンク

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

https://www.hospita.jp/sp/detail/216/

携帯電話用

https://www.hospita.jp/fp/detail/216/
このページの先頭へ