さいたま市 整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科 皮膚科 美容皮膚科 AGA 交通事故 労災指定 

工藤クリニック

〒331-0052 埼玉県さいたま市西区三橋6-160-4
公式情報 このビジネスはオーナーまたはマネージャーによって登録されています。
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
診療科目
最寄り駅
病院概要

工藤クリニックからのお知らせ一覧はこちら

工藤クリニックのアピールポイント

住宅街の中にある2階建ての独立した建物である工藤クリニックは県道号線や新大宮バイパスが近くを通っており、車でのアクセスに便利な立地です。
駐車場も完備しているので、バスや電車での通院が難しい患者様も利用しやすいです。
明るく開放的な待合室にはキッズコーナーもあり、子連れの患者様も利用しやすいです。
診療科目は整形外科、皮膚科、美容皮膚科、リウマチ科、リハビリテーション科があり、2階は一般皮膚科、美容皮膚科で他の科目は1階と別れて診察を行っています。
2階の診察は女性医師の診察なので、女性のデリケートな症状でも相談がしやすく小さな症状でも気軽にご相談ください。
また、足の不自由な患者様には2階の診察内容であっても1階で診察が可能なので、遠慮なくお申し出ください。
診察時間は1階の整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科は平日は毎日、土曜日は午前中に診察を行っており、2階の皮膚科、美容皮膚科は月曜日と金曜日に診察を行っています。
工藤クリニックの整形外科の治療は症状を改善し、できる限り運動機能を元に近い形で回復させ ることを目指しています。
また、一般皮膚科、美容皮膚科ではかぶれやアトピー性皮膚炎などからニキビ跡やお子様の皮膚トラブルまで、幅広くご相談にあたります。
スキンケアや化粧品の選び方など女性医師の立場を生かした治療やアドバイスも行っています。
工藤クリニックでは皆様のかかりつけ医として分かりやすく、思いやりのある医療を目指しています。
また、電子カルテシステムやレントゲンフィルムシステムを導入し、紙の削減につとめることで地球環境にも配慮しています。

病院情報

病院・クリニック名 工藤クリニック
院長 工藤 太郎 工藤 太郎 医師紹介はこちら
所在地 〒331-0052
埼玉県さいたま市西区三橋6-160-4
最寄り駅
電話 048-793-7363
診療科目
診療時間
時間
09:00~12:30
※土曜日は08:20〜12:30となります。
14:30~19:30
【皮膚科・美容皮膚科】
月曜日・金曜日09:00~12:30/14:20~18:00
■1階:整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科(院長)
■2階:皮膚科・美容皮膚科(女性医師)
※受付はどちらも1階となります。診察を受けられる方は1階受付にお申し出ください。

休診日について

日曜・祝日

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。
交通手段 ■バス(大宮駅)大宮西口(4番乗り場)西遊馬、川越グリーンパーク行き三橋六丁目(9停車目)バス停下車3分【大宮三橋六郵便局隣り】
専門医
専門外来
出身医学部・歯学部
ホームページ
ブログ ドクターズブログ
駐車場 駐車場完備しております。 クリニック前8台 / 第2駐車場16台 / 第3駐車場16台(セブンイレブン駐車場横)

診療案内

ホームドクターとして何でもお気軽にご相談ください

当院では電子カルテシステムによるペーパーレスシステム、またレントゲンフィルムレスシステムを導入しており、紙の使用の削減、レントゲン現像による排液の発生を制限し、地球環境に配慮しています。
また、電子カルテシステムの導入により、患者さんの待ち時間の短縮を達成しました。
 

1階は整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科です。診療は院長が行います。
2階は皮膚科(一般・美容)です。診療は女性医師の診察です。(月・金)
受付はどちらも1階となります。診察を受けらるかたは1階受付にお申し出ください。
足のご不自由な方、バギーの方など2階での診察が困難な方は1階で診察致しますので遠慮なく受付でお申し出ください。
 

 
整形外科
”こんなことで、クリニックにかかっていいのか?”と悩まずにお気軽にご相談ください。
(痛みは体からの危険信号です。大きな病気も始めの症状は小さな痛みで始まることもあります。)


整形外科の守備範囲
 整形外科は、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療し研究する医学の一分野です。

できるだけ運動機能を、回復させる(運動機能回復
 そして整形外科の治療は、病気やケガを治し、できるだけ運動機能を元に回復させることを目的とします。

痛みをとること
 運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患の治療を行なうのも、整形外科の主要な仕事です。

病気の種類
整形外科一般
・怪我(打ち身、捻挫、脱臼、骨折、突き指、切り傷、すり傷)
・むち打ち症、首・肩の痛み、手足のしびれ・冷え
・肩こり、五十肩、手の痛み、肘の痛み
・腰痛、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、骨盤の痛み
・股関節の痛み、歩行障害、肉離れ
・膝の痛み、足の痛み、外反母趾、巻き爪
・骨粗鬆症、圧迫骨折
・痛風、腱鞘炎など
お困り方はお気軽にご相談ください。
交通事故 労災指定

 
リウマチ科
リウマチは早期発見、早期治療が必要な病気です。気になる症状があったら悩まずにお気軽にご相談ください。
(リウマチの治療は近年大きく変化しています。治療によっては患者さんのその後の人生も大きく変わってきてしまいます。早めに専門医に相談しましょう。)


リウマチとは
正式には関節リウマチと呼びます。以前は慢性関節リウマチと呼んでいたのですが、関節リウマチは早期発見、早期治療が必要であることが最近わかってきた ので呼び名が変わりました。関節リウマチは主に関節の痛みや腫れいう症状が現れます。しかし全身の病気で、肺炎や血管の炎症も起こります。 一番症状が現 れるのが手や指の関節ですが、その原因はよくわかっていません。進行すると関節の滑膜が異常に増え関節の中の軟骨、さらに骨が破壊されてしまうというのが 主な症状です。リウマチに罹患している方は全国で60万人くらいいると推定されています。

リウマチの症状
朝起きたときに手がこわばることから始まることが多いです。手・指の関節の腫れや痛みで始まることあります。左右の関節に対称性に腫れや痛みが出ることが多いです。疲れやすくなったりしたり、それほど高い熱ではないですけど微熱が続くとかいうような症状が出ます。

リウマチの検査
血液の検査やレントゲン検査を行うことも重要ですが、検査では異常が出ない人もいます。診断には全身の症状やいつごろからどのように症状が出てきたがなどの情報が重要です。

リウマチの治療
飲み薬や注射がリウマチの治療の中心となります。関節リウマチに発症してから早期に治療行うほうが治療の効果が大きいことがわかっています。時期が遅れると治療効果が悪くなることから、窓にたとえてWindow Of Opportunity(治療機会の窓)と呼ばれています。最近は優れた薬が多く開発されています。窓が閉まる前に適切な治療を受けましょう。

 
リハビリテーション科
リハビリは継続しておこなうことが重要です。自分のペースで無理なく続けてください。

運動器リハビリテーション
関節痛や腰痛、頚部痛また、炎症、骨折、捻挫などに対して、温熱療法、レーザー治療、干渉低周波、下肢循環改善機、遠赤外線、下肢筋力訓練機、上肢運動 器、ウォーターベット、頚部牽引機、腰部牽引機、上肢浴機、下肢浴など最新の治療器と親切で明るいスタッフで治療しています。

牽引療法は腰椎牽引(骨盤牽引)と頚椎牽引とがあります。
腰椎牽引では腰臀部の筋をリラックスさせ、股関節と膝関節とを十分に屈曲させる前屈位姿勢での牽引が望ましいとされています。
スーパートラックST-1Lはこの姿勢が容易に得られる座部形状を採用し、効果的に牽引療法を行えるように工夫されています。

「アクアタイザーQZ-220」は、ウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら、「水」の流体特性を応用し、「手技療法」と同様の力強く・心地よい刺激をつくりだします。
 
rihabiri.gif

 
 
皮膚科(月・金)
アトピー性皮膚炎、お子様の皮ふのトラブル、ニキビ、蕁麻疹、湿疹、かぶれ、水虫、虫刺され、イボ、おできなど、皮膚に関するトラブルならなんでもお気軽にご相談ください。
 

美容皮膚科(月・金)
シミ・シワ・くすみ・赤ら顔・ニキビ跡など、従来、治療の対象とされなかった様々なお肌の悩みのご相談、あるいはスキンケアの方法や良い化粧品の選び方など、女性医師の立場からできるだけ患者さんの立場に立って治療にあたります。

●光治療(I2PL エリプス・フレックス PPT)
I2PL方式のフラッシュランプにより、パルス電流を与えることでシミ、シワ、クスミ、赤ら顔など様々な皮膚治療を同時に行う治療法です。
1. シミ、そばかす、くすみなど(メラニン色素に対する作用)
2. 赤ら顔、あざなど(ヘモグロビンに対する作用)
3. 肌のハリ、小じわ、にきび跡など(コラーゲン増生効果)
以上のような症状に効果が認められています。従来の治療方法に比べて照射回数が少なくなり、術後はすぐに化粧が可能です。
image1.gif


●ケミカルピーリング
ケミカルピーリングとは、古くなった皮膚の角質をAHA(グリコール酸や乳酸)あるいはサリチル酸を塗布することにより取り除き、皮膚の新陳代謝を促進し、再生を促進する方法です。お肌のくすみの原因となっている古い角質を取り除くことにより、薄いシミ、くすみニキビ痕などの改善はもとより、コラーゲン の産生を促進する作用もありますので、小ジワを改善し、きめ細かなハリのある素肌を取り戻すことが出来ます。

●イオン導入
イオン導入は、微弱な電流を流すことでイオン化した溶液中のビタミンCやプラセンタなどの美肌関連物質の成分を皮膚深部まで浸透させる方法です。イオン化し真皮まで到達したビタミンCは美白効果、ニキビ改善、コラーゲン合成促進によって皮膚の若返りに効果を発揮します。
特にケミカルピーリングによって皮膚への吸収の妨げとなっていた古く、傷んだ角質を取り除いた後は、有効な美肌成分がしっかりと肌の奥まで届きます。

●医療脱毛
エリプス・フレックスPPTを使用した脱毛です。エリプス・フレックスの光エネルギーが毛のなかに含まれるメラニンにあたると熱エネルギーに変わり毛根や、毛乳頭を破壊し毛が生えてこないようにする方法です。エリプス・フレックスPPT脱毛がレーザー脱毛に比べて優れている点は
1.  痛みが少ないこと
2.  処置時間が短いこと
3.  脱毛と同時に美肌効果があること
などがあげられます。

●ピアス(予約制)
当院では消毒滅菌したピアスと専用の穴あけ器を使用しています。
ピアスは金属アレルギー用、耳たぶの厚い方用など、多くの種類からお選びいただけます。
ファーストピアスでも自分の気に入ったピアスをお選びいただけます。
さらに医療機関ですからアフターケアとして消毒薬や場合によっては抗菌剤の処方箋をお渡しできるので安心です。


予防接種
当クリニックへ予防接種のご予約を承っております。
(予約がない場合でも在庫が欠品していなければ当日接種可能です。但し、予約をしていただけるとスムーズに予防接種の準備でき待ち時間が短くなります。)
予防接種予約はこちら


さいたま市検診・健康診断
女性のヘルスチェック
 対象:18~39歳の女性
 検査:問診、身体測定、血圧測定、尿検査、診察。血液検査

骨粗しょう症健診
 対象:40・45・50~80歳の女性 (50歳以上は前年未受診の方)
 検査:問診、骨密度測定

肝炎ウィルス検診
 対象:40歳以上で未受診の方(C型肝炎治療中の方は除きます。)
 検査:問診、C型肝炎ウィルス検査、HBs抗原検査

さいたま市国民健康保険加入者の為の特定健康診査・特定保健指導
 対象者:さいたま市国保加入の40歳~74歳の方
 検査:メタボリックシンドロームに的を絞った項目
 持ち物:被保険者証、健康診査受診券一式(バーコード付)、
     前年実施健診結果等

さいたま市国民健康保険加入者の為の健康診査
 対象者:さいたま市国保加入の35歳~39歳までの男性の方
 検査:特定健康診査に準じる項目
 持ち物:被保険者証

健康診断
(労働安全衛生規則43条・44条に適合した健康診断となります。)
・総合診察(問診、触診、聴診)
・身体測定(身長、体重、腹囲、BMI)
・血圧測定
・視力検査
・聴力検査(1000Hz、4000Hzオージオメーター)
・尿検査(糖、蛋白)
・胸部X線撮影
・血液検査(貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査)
・心電図検査(12誘導)
 

医師紹介

工藤 太郎
院長・医学博士

工藤 太郎

こんにちは、院長の工藤 太郎です。 私は大学卒業後、整形外科・リウマチを専門として、いろいろな患者さんと接して参りました。 医師として病気に対する適切な診断、治療は当然として、”患者さんの気持ちまで診られる” そんな医師が私の理想とする医師像です。 整形外科を受診する患者様の多くの訴えは痛みです。 当院ではその痛みの原因に対して適切な診断をして、有効な治療を患者様と一緒に行いたいと思います。 慢性の疼痛に対してはレーザー、温熱治療などが有効な場合があります。 また痛みの再発の予防、緩和には日常生活のアドバイスが必要になります。 当院では患者さんの痛みが少しでも和らぎ、楽しい人生が送られように力になれれば幸いと考えています。 リウマチは現在、治療法が劇的に変化し有効な治療法、治療薬が続々と発見されています。 適切な治療を受けるかどうかで患者さんの人生も変わってきます。 当院ではリウマチに対して適切で専門的な治療を行いたいと思います。 皮膚科は皮膚科専門の医師(女医)が担当します。 アトピー・にきび・お子様の皮膚トラブルなどの通常の皮膚科疾患はもとより、つい最近までは医療の対象とされなかった(シミ)・(シワ)・(くすみ)などのご相談も承っております。 赤ちゃんからご高齢の方までどんな些細なことでも、お肌の悩みがありましたら遠慮なくご相談ください。
略歴
・平成8年 日本大学医学部卒業
・平成8年 日本大学 整形外科学教室勤務
・平成12年 ハーバード大学整形外科留学
・平成16年 日本大学医学部整形外科学教室 助手
・平成18年 埼玉県川口医療センター 整形外科医長
・平成19年10月 工藤クリニック 開設
専門医資格
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医
日本抗加齢医学会専門医
その他資格
・医学博士
・日本リウマチ財団登録医
・埼玉県介護支援専門員(ケアマネージャー)
・身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
・日本医師会認定産業医
・日本抗老化医学会/米スポーツニュートリションアカデミー サプリメントアドバイザー 他


 
所属学会
・埼玉県整形外科医会 幹事 広報委員会委員長
・日本臨床整形外科学会 埼玉支部役員
・県立大宮中央高校 学校医
・県立大宮中央高校 産業医
・日本大学整形外科学教室 同門会役員
・大宮医師会 学術委員
当院ではスタッフを募集しています!
工藤クリニックの求人サイトをご覧ください。

現在、看護師、マッサージ師、事務、受付、リハビリ助手、助手を募集しています。
勤務時間 午前8:50-12:50 午後14:20-19:50
不要範囲内勤務可能、法廷残業支給1.25倍、勤務時間・曜日・応相談、交通費支給、制服貸与、スタッフルーム有、車通勤応相談、残業代1分単位支給、院内物販・美容社員割引有
募集職種 看護師、医療事務、看護助手
雇用形態 パート等(非常勤)
勤務先 工藤クリニック
勤務地 埼玉県さいたま市西区
情報公開日:2015/03/24(火)

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

https://www.hospita.jp/sp/detail/1869/

携帯電話用

https://www.hospita.jp/fp/detail/1869/
このページの先頭へ