山本医院のアピールポイント

JR山手線の目白駅より徒歩で12分、目白駅より都バス(白61練馬車庫行、池65江古田2丁目行)で下落合4丁目停留所下車徒歩すぐの場所に山本医院が あります。
山本医院の周辺は閑静な住宅地となっています。
山本医院の診療科目は泌尿器科と皮膚科となっている他、在宅診療にも力を入れており褥瘡処置や疥癬治療、泌尿器のカテーテル管理を行っています。
その他、自費診療といたしましては、シミ治療、ケミカルピーリング、パイプカットなども行っていますのでご相談ください。
診療時間は木曜と日曜、祝日を除 く平日と土曜の午前中で、インターネットで当日の受付順番取りができ、診察待ち状況も確認できるため、診察までの時間を自由にお過ごしいただけます。
山本医院は1967年に開業して以来、地域の皆様と共に歩んでまいりました。
患者様にどんな小さなことでも気軽に話していただけるような、患者様の幸せを第一 に考えた医療を心がけて日々診療を行っております。

病院情報

病院・クリニック名 医療法人社団あけぼの会 山本医院
院長 山本 史郎 山本 史郎 医師紹介はこちら
所在地 〒161-0033
東京都新宿区下落合4-23-21
最寄り駅
電話 03-3951-7020
診療科目
診療時間
時間
09:00~12:45
16:00~18:45

休診日について

木曜日・日曜日・祝日

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。
アクセス方法 ■JR山手線「目白駅」より徒歩12分
■西武池袋線「椎名町駅」より徒歩10分
■西武新宿線「下落合駅」より徒歩10分
または、目白駅より都バス(白61練馬車庫行、池65江古田2丁目行)に乗り、下落合4丁目で下車し徒歩数分です。
専門医
出身医学部・歯学部
ホームページ

診療案内

<診療内容のご案内>
皮膚科診療 一般皮膚科、いぼ冷凍治療、皮膚科小手術など
泌尿器科診療 一般泌尿器科
在宅診療 褥瘡処置(じゅくそう)、疥癬治療など泌尿器科カテーテル管理、在宅自己導尿指導など
予防接種 インフルエンザワクチン
自費診療 しみ治療、AGA治療、ケミカルピーリング、ED治療、包茎手術、パイプカット
 
 
 
<皮膚科を受診する患者様へ>
患部を拝見いたしますので、着脱のしやすい衣服でいらっしゃるようお願いいたします。
また、顔の場合はお化粧をとっていただく場合もありますので、必要な方はメーク道具をご持参ください。
患部とは関係ないと思われる場所を拝見することもあります。
病気を診断する上で(何もないことを確認する)必要があるためよろしくお願いいたします。

<皮膚の病気について>
皮膚の病気は(皆さんが思ってらっしゃる以上に)とてもたくさんあります。
その中で、よく見る病気、知っていたほうがよい病気を解説いたします。
接触皮膚炎
外からの物質が皮膚について、赤み、ぶつぶつ、水ぶくれなどが起こり、痒みや刺激感(ひりつき)を生じます。発症のメカニズムによって一次刺激性接触皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎に分類されます。(ほかに光線が関係する場合があります。)
1.一次刺激性接触皮膚炎
酸やアルカリ、有機溶剤など、刺激性の強い物質が皮膚について起こります。
皮膚炎の症状が強く、症状の出始めるまでの時間が短いのが特徴です。
2.アレルギー性接触皮膚炎
原 因となる物質が繰り返し皮膚に接触することによってアレルギーが起こり皮膚炎を生じます。
したがって皮膚炎が起き始めるまでに時間があり(潜伏期間がある)比較的症状が軽いことも多く、原因がわかりづらいともいえます。日常で接触するほとんどすべての物質が原因となりえます。

アレルギー性接触皮膚炎の代表的な原因物質
植物 うるし科の植物(ウルシ、ハゼ、マンゴーなど)
サクラソウ、ギンナン
金属 ニッケル(アクセサリー)、コバルト(アクセサリー)
クロム(革製品)など
白髪染め  
化粧品  
ゴム製品
(ラテックス)
 
医薬品 消毒薬、湿布、外用薬など
治療は皮膚炎を抑える塗り薬や、アレルギー止めの飲み薬で症状を抑えます。
しかし、原因物質を特定し接触しないようにすることが最も重要です。
 
<泌尿器科を受診する患者様へ>
初診の際、尿検査を行います。御自宅で排尿しないで御来院ください。

<泌尿器の病気について>
急性膀胱炎
単純性膀胱炎急性細菌性膀胱炎とも言います。
細菌が尿道から膀胱に入り膀胱の粘膜に感染して起こります。
したがって、尿道の短い女性に起こりやすい病気です。
症状は排尿痛、頻尿、残尿感、尿の濁りなどです。発熱はなく、熱が出た場合は腎盂腎炎を疑います。
治療は抗生物質の内服です。十分水分を取り尿をたくさん出すようにして下さい。
通常は治りやすい病気ですが、不適切な抗生物質の使用や不十分な治療は、病気を長引かせたり治りにくくさせたりします。また、症状だけからは膀胱炎と確実に診断することはできず、必ず尿検査を行い、原因となった細菌を突き止めておく必要があります。

医師紹介

山本 史郎
院長・医学博士

山本 史郎

得意分野
山本医院は1967年(昭和42年)に皮膚泌尿器科医院として新宿区下落合に開業して以来述べ40年にわたり地域の皆様とともに歩んでまいりました。 これからも、どんなことでも気軽に相談できる街の診療所として、患者様の幸せを第一に考え、良質な医療を提供するよう努力していきたいと存じます。
略歴
平成元年 日本医科大学医学部卒業
平成9年 医療法人社団あけぼの会山本医院の院長に就任
東京泌尿器科医会理事
新宿区医師会理事
 
専門医資格
日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
所属学会
日本皮膚科学会
日本臨床皮膚科学会
日本泌尿器科学会
日本癌学会

現在、山本医院の求人情報はホスピタにはございません。
ホスピタ提携「ナース人材バンク」では、あなたの条件にあった求人の紹介が受けられます。
ご利用は完全無料です。あなたにぴったりの求人をご紹介いたします!
ご希望条件はもちろん、転職の不安、お悩み含めて何でもお気軽にご相談いただけます。どうぞご利用ください。

ナース人材バンク

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

https://www.hospita.jp/sp/detail/1180/

携帯電話用

https://www.hospita.jp/fp/detail/1180/
このページの先頭へ