医療法人財団 健貢会総合東京病院

〒165-0022 東京都中野区江古田3-15-2
公式情報 このビジネスはオーナーまたはマネージャーによって登録されています。
診療科目
最寄り駅
病院概要

総合東京病院のアピールポイント

総合東京病院は、都営大江戸線の新江古田駅・西武新宿線の沼袋駅から徒歩数分の便利で通いやすい場所に位置します。
また沼袋・野方・練馬など周辺の5つの駅からは送迎バスも巡回しています。
総合東京病院の診療科目は脊椎・脊髄治療や脳卒中治療、リハビリテーションを軸としていますが、その他にも内科・精神科・呼吸器内科・心臓血管外科・皮膚科・婦人科など多岐にわたります。
また乳がんの早期発見のためのマンモグラフィ検診の施設が導入されています。
緊急の際には救急対応も可能です。
早期発見・早期治療、東京総合病院は、予防医学の観点に立ち、人間ドック健診にも力を入れています。
健診だけでなく、結果や数値を見ながら普段の生活習慣をより健康的に改善するためのアドバイスや指導もしております。
地域連携にも配慮しており、患者さんが住み慣れた土地で医療を受けられるよう、地域のクリニックや病院と協力したり、行政と連携し福祉・医療費の相談も行っています。
診療は日曜日・祝日を除く毎日、午前は8時から11時半、午後は12時半から3時まで行っています。
総合東京病院はリニューアルして7年で、新しくきれいな建物も自慢です。
また、新しい病棟も開設し、入院ベッドも増床しております。

病院情報

病院・クリニック名 医療法人財団 健貢会 総合東京病院
院長 渡邉 貞義 渡邉 貞義 医師紹介はこちら
所在地 〒165-0022
東京都中野区江古田3-15-2
最寄り駅
電話 03-3387-5421
診療科目
診療時間
時間
08:00~11:30
12:30~15:00

休診日について

日曜日、祝日、年末年始(12月31日~1月3日)

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。
交通手段 ●中野駅北口 関東バス①②乗場 「中28 江古田駅」行 「総合東京病院」下車/徒歩0分
●中野駅北口 関東バス②乗場 「中27 江古田の森」行 「総合東京病院」下車/徒歩0分
●中野駅北口 関東バス①②乗場 「中25 練馬駅行き」行 「総合東京病院(下徳田橋)」 下車/徒歩0分
●中野駅南口 京王バス⑤乗場「中92 練馬駅」行「浄風園前」下車/徒歩3分
●練馬駅北口 関東バス⑤乗場「中25 中野駅」行「総合東京病院(下徳田橋)」下車/徒歩0分
●練馬駅北口 京王バス②乗場「中92 中野駅」行「浄風園前」下車/徒歩3分
●江古田駅南口 関東バス 「中28 中野駅」行 「総合東京病院」下車/徒歩0分
●江古田駅南口 関東バス 「中41 中野駅」行 「江古田区民活動センター」下車/徒歩4分
専門医
専門外来
特徴
出身医学部・歯学部
ホームページ
駐車場 ※工事に伴い駐車利用可能台数が少なくなりました。 送迎バスのルートを増設しておりますので、ぜひ送迎バスや、公共の交通機関をご利用ください。
一般病床数 343床

診療案内

《病院の目標》
  • 患者さんに公正な医療を提供します
  • 医師による説明と患者さんの選択に基づく医療を進めます
  • 患者さんのプライバシーを尊重します
  • 診療情報を患者さん自身にお伝えします
  • よりよい医療が行われるよう研修・研鑚いたします
  • 患者さんの人生が最後まで豊かであるようにその意志を尊重します

■健診センター
早期発見、早期治療、あらゆる疾病に対応し、地域の皆様に安心していただける高度先進医療を提供することが総合東京病院の大きな使命でありますが、それ以上に「予防医学」の推進、地域の皆様における日々の健康管理も重要な使命と考えております。
世界に冠たる長寿国日本において、より楽しく充実した人生をおくるには「健康」であることが必須条件です。毎年、定期的に健康診断を受けることは、 「あたりまえ」と考えがちな健康を自ら再認識する大切なチェックであり、普段の生活習慣を振り返る格好の機会となります。 また、さらに一歩進んだ「自分への投資」、これが人間ドック、専門検診であると考えます。健康であるからこそ、自分の人生設計が、やりたいことが可能にな るのです。
総合東京病院」では、みなさまの健康管理に役立つ様々なプログラムをご用意してお待ちしております。 「自分自身のために」ぜひ、ご相談ください。

■PET-CTがんドッグ
陽電子放射断層撮影装置のことで、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー[PositronEmissionTomography]の略語です。X線 CTのような形をした「カメラ」を用いて全身や心臓、脳などにおいて、病気の原因や病巣、病状を的確に診断する新しい検査法です。
検査では、まず、陽電子(ポジトロン)を放出する検査薬(おもにブドウ糖と結合させた18F-FDG)を静脈から注射します。その陽電子が、体内のブドウ糖を過剰に摂取する細胞(代表的なものはガン細胞になります)から放出されたガンマ線を見つけ出します。それを「カメラ」でスキャンすると、その部分が光って見えるためガンの早期発見が可能となります。
ガン細胞は正常な細胞に比べて約3~8倍のブドウ糖を消費する性質があり、その細胞の性質を利用して、PET検査では主にガン健診として利用されます。

■脳血管内治療センター
脳血管内治療センターでは、頸動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術、脳動脈瘤に対するコイル塞栓術、超急性期脳梗塞に対するtPA治療、さらに Merci retrieval systemを導入した血栓回収による脳血管内治療など、脳血管障害を中心に幅広く診ております。

■脊椎脊髄センター
総合東京病院は平成22年4月1日東京都中野区江古田にオープンしました。より幅広い診療体制を充実させ,患者さんのニーズにお応えすることを目的とし て,平成23年8月6日より脳神経外科内に脊椎脊髄センターを開設しています。脊髄外科専門医が毎週月,水,土曜日脊椎脊髄疾患に対する外来診療を担当し ています。
手足のしびれ,痛み,脱力,腰痛,歩行困難などでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。 左記の項目は当センターで扱う主要な脊椎・脊髄疾患の一覧です。保存的治療に重点をおいていますが,無効な場合には顕微鏡下での低侵襲手術を積極的に行っています。

医師紹介

渡邉 貞義
院長・院長

渡邉 貞義ワタナベ サダヨシ

総合東京病院は2017年4月で開設7周年を迎えることが出来ました。 『すべては患者さんのために』の院是を胸に、急性期の治療とリハビリテーション機能の拡充を図り、救急医療にも注力して参りました。2014年9月には地下1階地上8階建てのA棟を新設するとともに250床から343床に増床し、中野区で初めてPET-CTを導入するなど高度医療を提供できる体制も徐々に整えてきております。 また、この度、新しく取得した隣地6,000㎡にB棟を開設することができました。B棟を開設したことで451床への増床もさせて頂いております。脳卒中センター、心臓血管センター、リハビリテーションセンター、救急治療センター、放射線治療センターと専門性の高い治療センターを充実させ、小児初期救急事業(小児センター)と病時保育事業も開設しております。 今後は、当院に隣接の同じ南東北グループの施設である“東京総合保健福祉センター江古田の森”とより一層連携を深め、「小児→急性期→回復期→施設介護→在宅介護」を一気通貫して対応できる地域の中核的医療機関としての役割を果たしていく所存です。
略歴
2000年3月
藤田保健衛生大学医学部卒業
2000年4月
藤田保健衛生大学脳神経外科
2000年4月
藤田保健衛生大学病院 脳神経外科入局
2001年4月
清水市立病院 脳神経外科 医師
2002年4月
藤田保健衛生大学病院 脳神経外科 医師
2007年1月
財団法人脳神経疾患研究所総合南東北病院 脳神経外科 医師
2008年5月
独立行政法人国立病院機構水戸医療センター 脳神経外科 医師
2009年4月
医療法人将道会総合南東北病院 脳神経外科 医師
2010年2月
Rush University Medical Center, Chicago, Illinois, U.S.A.
2010年4月
医療法人財団健貢会総合東京病院 理事長
2012年2月
医療法人財団健貢会総合東京病院 理事長 兼 院長
専門医資格
日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医
日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医

現在、総合東京病院の求人情報はホスピタにはございません。
ホスピタ提携「ナース人材バンク」では、あなたの条件にあった求人の紹介が受けられます。
ご利用は完全無料です。あなたにぴったりの求人をご紹介いたします!
ご希望条件はもちろん、転職の不安、お悩み含めて何でもお気軽にご相談いただけます。どうぞご利用ください。

ナース人材バンク

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

https://www.hospita.jp/sp/detail/1040715/

携帯電話用

https://www.hospita.jp/fp/detail/1040715/
このページの先頭へ